「子どもの心の病気」に関する記事一覧

うつ病はいつの間にか「以前と違う状態に」 2週間以上続く症状に注意【チェックシート】

うつ病はいつの間にか「以前と違う状態に」 2週間以上続く症状に注意【チェックシート】

うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の

dot.

5/9

  • 「社交不安症」人とかかわる場面で発汗や震え、吐き気も 人前で発言できずからかわれたきっかけで発症も

    うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。「社交不安症」「全般不安症」「パニック症」は、不安症に含まれます

    dot.

    5/7

  • 中学生で統合失調症を発症「計算ができない」「暴言を吐く」「死にたい」今振り返る当時の僕

     統合失調症は脳の機能がうまく働かなくなり、考えや感情がまとまりにくくなる病気です。およそ100人に1人がかかり、10代後半から30代前半の若い世代に発症しやすいという特徴があります。 榛澤裕一さん(

    dot.

    4/18

  • 中学で統合失調症 実名告白「自分なりに病気と闘っている葛藤をわかって」

     統合失調症は脳の機能がうまく働かなくなり、考えや感情がまとまりにくくなる病気です。およそ100人に1人がかかり、10代後半から30代前半の若い世代に発症しやすいという特徴があります。 榛澤裕一さん(

    dot.

    4/18

  • うちの子が「心の病気」になるなんて… 精神科医が指摘する、早期受診を妨げている「偏見」とは?

     精神疾患は早期発見をして適切な治療を受ければ十分回復が期待できるのに、さまざまな理由で受診が遅れてしまっているという。受診を妨げているものの一つに精神疾患に対する「偏見」がある。東邦大学医学部精神神

    dot.

    3/29

  • 精神科医に聞く「子どもの心の病気は増えている?」 75%が25歳以下で発症

     子どもの心の病気が増えているのでは? そう感じている人も多いのではないだろうか。 精神疾患の75%は25歳以下で発症するといい、若い世代への教育や啓発が求められている。東邦大学医学部精神神経医学講座

    dot.

    3/28

  • 子どもの「心の病気」を学校教育で再び教えることになった理由 精神科医が語る

     2022年度から高校の保健体育の授業で「精神保健」が教えられることになった。学習指導要領の改訂により約40年ぶりに復活することになる。なぜ子どもたちに、心の健康や精神疾患を教育する必要があるのか。学

    dot.

    3/28

この人と一緒に考える

  • 子どもの精神的幸福度37位の日本 保護者・教師の「心の病気」の理解も必要

     日本の子どもの精神的幸福度は先進国の中でほぼ最下位――。そんなデータが、2020年にユニセフの報告書で発表された。22年度から高校の保健体育の授業で「精神疾患」が教えられることになり、今後の学校教育

    dot.

    3/27

  • 「心の病気」の偏見・差別をなくすには? 異例の学校教育導入の理由

     2022年度から高校の保健体育の授業で「精神疾患」について教えられることになった。学習指導要領の改訂により約40年ぶりに復活することになるのだが、偏見や差別についても教えるというのは、大きな特徴だと

    dot.

    3/27

  • 「心の健康」だけではダメ。学校教育に「精神疾患の予防と回復」が必要な理由

     2022年度から高校の保健体育の授業で「精神疾患」について教えることになった。学習指導要領の改訂により約40年ぶりに復活することになる。これまでも「心の健康」については教えられてきたが、さらに「精神

    dot.

    3/26

  • 思春期の「心の病気」を減らせるか? 保健体育の教育の変革とは?

     2022年度から高校の保健体育の授業で「精神疾患」について教えることになった。学習指導要領の改訂により約40年ぶりに復活することになる。子どもたちが精神疾患の正しい知識を得ることで、思春期の「心の病

    dot.

    3/26

この話題を考える

1

カテゴリから探す