「出世」に関する記事一覧

SNSは“実名”で! ビジネスパーソンが仕事やキャリアアップにつなげる具体的な方法

SNSは“実名”で! ビジネスパーソンが仕事やキャリアアップにつなげる具体的な方法

 「炎上」や「バカッター」。SNSに対しては、こうした負のイメージを抱きがちだ。そのためか、これらのツールを“実名”で利用しているビジネスパーソンは、少数派かもしれない。 しか

dot.

10/1

  • 忘年会の幹事を任される人は、出世する可能性が高い理由

     早いもので忘年会シーズンの到来である。部長あたりから半分フォーマルな忘年会の企画者、幹事に任命される人もいるかもしれない。「これって仕事ですか?」「残業代請求してもいいですか?」と聞きたくなる人もい

    ダイヤモンド・オンライン

    12/3

  • なぜ、「勉強ができる人」は「仕事ができない人」になってしまうのか

     残念な人、一流の人、その差は紙一重 ――あなたの成長を阻む「7つの壁」を打ち破り、人生を拓くための技法とは。 田坂流「成長の思想」をまとめた最新刊『なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか ― 何歳からで

    ダイヤモンド・オンライン

    11/12

  • 【年収1億円の習慣】「年収1億円」以上の人が、タバコを吸わない4つの理由

     誰でもできるけれど、誰もやっていない「年収1億円の習慣」。年収1億円以上の人の「習慣」には、ある「共通のルール」があります。でも、その「習慣(ルール)」を行うのに、特別な才能もいりませんし、最初にお

    ダイヤモンド・オンライン

    11/5

  • 自分をよく見せようとする人は、一生成功できない

     優秀なエリートには共通点がある。彼らは「真面目に、我慢して、一生懸命」ではなく、「ラクして速く」をモットーに、効率よく結果を出し続けている。まじめさと仕事のパフォーマンスは比例しない。24年間で5万

    ダイヤモンド・オンライン

    8/27

  • 伝説の外資系トップ営業が思わず写真におさめた「感動するサービス」5選

    「モノが売れない時代になった」と言われて久しい。しかし、それでも常に行列の絶えないお店があり、成長し続ける会社があり、結果を出し続けるビジネスパーソンがいる。商品の「値段」や「質」がほとんど変わらなく

    ダイヤモンド・オンライン

    8/6

  • 「石の上にも3年」と言ってくる人を、全員無視すべき理由

    「どうすれば、一生食える人材になれるのか?」「このまま、今の会社にいて大丈夫なのか?」ビジネスパーソンなら一度は頭をよぎるそんな不安。北野唯我氏は、発売たちまち3万部を超えるヒットとなった『転職の思考

    ダイヤモンド・オンライン

    7/17

この人と一緒に考える

  • 社長を最も多く輩出した意外な都道府県とは? 地元出身のトップ率1位は?

     東京商工リサーチの調査によると、2016年の都道府県別の社長「輩出率」は、徳島県が3年連続でトップだった。また、社長が出身地の都道府県にとどまる「地元率」は沖縄県が94.1%と他を圧倒、調査開始以来

    dot.

    11/25

  • 昇進させるべき人材は「実績」の他に何で見極めるか

    ●まず「現場で実績を出したかどうか」 新入社員を迎える4月は、同時に社員の昇進や異動の時期でもあります。ある程度の地位までは機械的に昇進していく役所や一部の大企業はともかく、経営者にとっては誰を昇進さ

    ダイヤモンド・オンライン

    4/24

  • 「平凡な人間こそリスクを冒すべきだ」マレーシア大富豪が語る成功の教え

     NHKやテレビ東京、日経産業新聞などで話題の「マレーシア大富豪」をご存じだろうか? お名前は小西史彦さん。24歳のときに、無一文で日本を飛び出し、一代で、上場企業を含む約50社の一大企業グループを築

    ダイヤモンド・オンライン

    4/17

  • 役員が1年半悩み続けた問題を、たった15分で解決した質問とは?

    「今年こそ、夢をかなえたい!」「人生を変えたい!」と考えている人は少なくないでしょう「でも、なかなか実現できない……」という人が多いのも現実です。なぜ、夢や目標が実現しないのでしょうか?実は、人が抱い

    ダイヤモンド・オンライン

    2/6

  • 管理職試験の合格率は司法試験並み? 都職員の出世の実態

     一国にも匹敵する巨大都市・東京都を、日夜回している東京都職員。知事や議員との関係、出世レース……。意外と知らない都職員のお仕事とは、いったいなんなのか? 東京都は、国内人口の約1割の1339万人を抱

    AERA

    11/14

この話題を考える

1

カテゴリから探す