「ピックアップ」に関する記事一覧

井上康生、稲葉篤紀、トム・ホーバス…五輪を勝ち抜いた名指揮官の共通点

井上康生、稲葉篤紀、トム・ホーバス…五輪を勝ち抜いた名指揮官の共通点

 メダルラッシュに沸いた東京五輪で、脚光を浴びたのは選手だけではない。陰から支え続けた指導者の存在もクローズアップされた。 圧巻だったのは男子柔道だった。60キロ級の高藤直寿、66キロ級の阿部一二三、

dot.

8/10

  • 旭日旗クライミング騒動「侮辱だ」と韓国 「選手は仲良いのに」と戸惑いの声

    「こんな騒動になって、一番戸惑っているのは選手たちだと思います。スポーツクライミングは国境を越えて選手たちの仲が良いんです。各種目でルートをどう攻略するのか意見交換することも珍しくありません。選手たち

    dot.

    8/9

  • 五輪閉会式で選手が次々に途中退席 懲りない橋本会長「パリとの差に愕然」と酷評殺到

    「日本人であることが恥ずかしい」 SNS上でこう酷評の声が殺到したのが8日夜に行われた東京五輪の閉会式だ。  閉会式は東京スカパラダイスオーケストラの演奏で、様々なパフォーマーが登場。リフティング、縄

    dot.

    8/9

  • 五輪競技施設「スケートボード」は残って「BMX」は消える? メダルの数とは関係ない意外な理由

     東京五輪が閉幕した。日本の獲得メダル数は、リオ五輪を大きく越え、過去最高の58個。新型コロナウイルスの影響でほとんどの競技は無観客の開催とはなったが、予想以上の盛り上がりになったといえよう。そんな五

    dot.

    8/9

  • 五輪解説で評価急上昇の新井貴浩氏に「広島を助けて」と監督待望論

     野球日本代表「侍ジャパン」が金メダルを獲得した東京五輪。話題になったのは選手たちの奮闘だけではない。試合の解説で評価が急上昇したのが広島、阪神でプレーした野球評論家の新井貴浩氏だ。韓国戦の試合中にS

    dot.

    8/9

  • 右足切断した女性が五輪開会式で国名プラカードを持った理由「義足の私を見て」

     何もかもが異例ずくめだった東京オリンピックが8月8日、17日間の熱戦の幕を閉じた。新型コロナウイルスが感染拡大するなかで開かれた今大会は、多くの感動シーンが生まれた一方で、「オリンピックとは何か」と

    週刊朝日

    8/8

  • 日本女子がバスケ界初のメダル「銀」 高田真希主将「言霊って大事」

     東京五輪最終日は8月8日、さいたまスーパーアリーナでバスケットボール女子の決勝があり、日本は米国に75―90で敗れ、銀メダルとなった。同競技で日本がメダルを獲得するのは男女を通じて初めて。米国は7連

    AERA

    8/8

この人と一緒に考える

  • 国民が秋篠宮さまの一挙手一投足を注視する五輪閉会式 海外VIPへのお披露目の場となるか

     8月8日、東京五輪の閉会式に天皇陛下の名代として秋篠宮さまが出席する。コロナ禍で皇室と国民の距離が開くなかで、秋篠宮さまの閉会式出席で、皇嗣としての存在感は増すのか。*  *  *  賛否の別れたコ

    dot.

    8/8

  • フェアリージャパン“攻めの演技”も実らず8位…改めて感じた採点競技の難しさ

     メダル獲得のためには多くの難しい技に挑戦して高得点を狙わなければならないが、同時に高難度の構成はリスクもはらむ。新体操団体日本代表・フェアリージャパンの東京五輪での戦いは、採点競技に共通する難しさを

    dot.

    8/8

  • 水谷隼、池江璃花子、久保建英…東京五輪で「印象深かった」アスリートの言葉

     コロナ禍での開催という難題を突きつけられた中、連日に渡るメダルラッシュとなった東京五輪。無観客開催によってテレビで観戦する日本人が多かったが、そこで生まれたのが、印象深い「言葉」の数々である。 大会

    dot.

    8/8

  • 喜友名諒が閉会式で旗手に 沖縄空手の神髄の体現者として大役を担う

     8月8日に最終日を迎えた東京五輪の閉会式で、空手男子形の金メダリスト、喜友名(きゆな)諒(31)が日本選手団の旗手を務める。琉球王国時代の護身術、琉球古武道がルーツと言われる発祥地・沖縄に生まれ、沖

    AERA

    8/8

  • 日本で「文武両道」アスリートが生まれにくい理由は? 大学スポーツが盛り上がる米国との決定的な違い

     東京五輪で100個を超えるメダルを獲得した米国選手団。米国が長年にわたり、幅広い競技で世界トップレベルの選手を送り出してきた背景には、全米大学体育協会・NCAAの存在がある。米国ではNCAAを中心に

    dot.

    8/8

  • 大坂と瀬戸は“アンチ”増やし、桃田には声援 「まさかの敗退選手」試合後に明暗

     大坂なおみ(テニス)、瀬戸大也(競泳)、桃田賢斗(バドミントン)。 東京五輪では金メダル獲得が有力視されていたものの“まさか”の敗退となったことが共通しているが、試合後に置か

    dot.

    8/7

この人と一緒に考える

  • 稲葉監督は金メダル獲得で日本ハム監督就任か 「栗山監督はもう限界」の声

     東京五輪の野球日本代表・侍ジャパンはきょう7日夜、米国と決勝戦を行う。準々決勝で対戦した際は、タイブレーク方式の延長10回に甲斐拓也のサヨナラ打で7-6と接戦を制したが、破壊力のある打線で難敵である

    dot.

    8/7

  • 日韓戦で山田哲人に痛打を浴びた韓国人投手を「反民族主義者」と糾弾 日本で心配の声

    「あの投手は大丈夫だろうか」 日本の野球ファンから心配の声が上がっている投手がいる。東京五輪で準決勝の日本戦に登板した韓国代表のコ・ウソクだ。 準決勝で激突した日韓戦で、コ・ウソクは2-2の同点に救援

    dot.

    8/7

  • “元祖”ジョイナーを超えた?東京五輪の陸上女子選手がオシャレで存在感「世界よ私を見て」

     五輪陸上女子の外国人選手の華やかないでたちに注目があつまっている。カラフルで個性的なヘアスタイルに、ネイルやマスカラもばっちり。「おしゃれにうつつを抜かして…」なんて批判は、今は昔。好

    dot.

    8/7

  • 刑期を終え“銭湯のオヤジ”になった柔道元金メダリストの内柴正人「五輪直前、高藤直寿から相談受けた」

     東京五輪もいよいよ大詰め。今大会では日本柔道チームが五輪史上最多の9個の金メダルを獲得するなど、目覚ましい活躍を見せた。 そんな後輩たちの活躍を、熊本県八代市内の銭湯の従業員として、テレビ越しに見守

    dot.

    8/5

  • 3000m障害入賞・三浦龍司は大迫傑超えのU20日本記録保持者 次の目標は「箱根駅伝」

     東京オリンピック(五輪)第11日となる8月2日、陸上男子3000メートル障害決勝で、順天堂大の三浦龍司(19)が8分16秒90で7位入賞を果たした。五輪で日本勢が個人トラック種目で入賞したのは、20

    週刊朝日

    8/4

  • 2冠の大橋悠依1千万円、橋本大輝1330万円…伊藤美誠、阿部兄妹は? 五輪メダリスト「報奨金」ランキング!

     3日、女子ボクシングで入江聖奈、体操の鉄棒でも橋本大輝が金メダルを獲った。これで日本は歴代最多の金メダル19個。メダルラッシュに沸く日本だが、メダリストにはその栄誉とともに「報奨金」も支給される。そ

    dot.

    8/4

1 2 3

カテゴリから探す