書評『それでもパレスチナに木を植える』高橋美香著・写真 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

それでもパレスチナに木を植える 高橋美香著・写真

このエントリーをはてなブックマークに追加
西條博子書評#話題の新刊

それでもパレスチナに木を植える

高橋美香著・写真

978-4624411022
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 アラビア語を学び、パレスチナに足を運び続ける写真家の、2011年から14年にかけてのヨルダン川西岸地区と東エルサレムの記録。「家族」の家や難民キャンプで暮らした日々をていねいに描く。

 イスラエル軍に対する非暴力のデモを繰り広げていたはずのビリン村には、嫉妬と裏切り、分断のはかりごとが渦巻いていた。イスラエル側が建設した分離フェンスはコンクリートの壁に変わり、デモの参加者が減り、イスラエル軍の兵士に石を投げる若者たちも現れた。「家族」の一員は、国のためとの信念から、危険な働きをした結果、自身と家族の命を脅され、秘密を抱え込んだままお調子者を演じていると吐露。犠牲にしたものの多さに皆が疲れ切っていると漏らす。

 自身のオリーブ畑を耕そうとする人々の希望を踏みにじる暴力が生々しい。

週刊朝日  2017年5月19日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい