【岩合光昭】乾季に魚を狙うブラジルのワニ 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【岩合光昭】乾季に魚を狙うブラジルのワニ

連載59 動物っていいなあ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩合光昭dot.#岩合光昭
ワニ、トキコウ、ダイサギ 北パンタナール(ブラジル)■オリンパスOM‐D E‐M1 MarkII・M.ズイコーデジタル ED 300ミリF4.0 IS PRO・ISO400・絞り開放・2000分の1秒

ワニ、トキコウ、ダイサギ 北パンタナール(ブラジル)■オリンパスOM‐D E‐M1 MarkII・M.ズイコーデジタル ED 300ミリF4.0 IS PRO・ISO400・絞り開放・2000分の1秒

 パンタナールでは、乾期になると水場の水位が下がるため、魚は水のある場所へどんどん移動していく。その結果、狭い水場に魚が集まることになり、ワニや鳥にとっては「入れ食い状態」になる。

 この一枚を撮ったのはちょうど夜明け前。水場には魚が豊富にいたようで、ワニも鳥たちも無我夢中になって魚にむさぼりついていた。動物たちは今食べなくては!という「旬」を自然に察知するのだろう。

 しかし、こんな供宴も長くは続かない。日が昇って30分もすると、みんなこの場から消え去ってしまった。翌日も同じ時間、同じ場所へ行ってみたが、動物たちの姿はほとんど見られなかった。もう魚が食べ尽くされてしまったのだろう。

写真・文=岩合光昭

※『アサヒカメラ』2019年11月号より


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい