子宮内膜症の病変が入って起こる「子宮腺筋症」も 近年わかってきた発生タイプを医師が解説

ヘルス

2023/01/11 16:00

子宮筋腫や子宮内膜症と比べると、やや認知度が低い「子宮腺筋症」。しかし発症頻度は筋腫、内膜症と大きく変わらない。最近は、子宮内膜症から発生するタイプがあることがわかり、早期診断の重要性が注目されている。

あわせて読みたい

  • 子宮筋腫や子宮内膜症と発症頻度変わらない「子宮腺筋症」 クリアカットな境界がなく手術で切除が難しい

    子宮筋腫や子宮内膜症と発症頻度変わらない「子宮腺筋症」 クリアカットな境界がなく手術で切除が難しい

    dot.

    1/18

    不妊症の患者の3~4割に見つかる子宮内膜症 「原因は月経血の逆流説が有力」と医師

    不妊症の患者の3~4割に見つかる子宮内膜症 「原因は月経血の逆流説が有力」と医師

    dot.

    9/26

  • 【子宮筋腫・内膜症】若い年代に多く、過多月経や月経痛などのつらい症状、不妊の原因になることも

    【子宮筋腫・内膜症】若い年代に多く、過多月経や月経痛などのつらい症状、不妊の原因になることも

    dot.

    1/24

    女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    dot.

    7/18

  • 月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    dot.

    10/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す