コラーゲンを食べると肌がプルプルになる? 20歳ピークに1%ずつ減少 皮膚科医の答えは

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

コラーゲン

2023/01/13 07:00

「コラーゲンを食べると肌がプルプルになる」と聞いたことがある人も多いでしょう。コラーゲンは皮膚の3層構造の真ん中「真皮」の骨組みを担当しているため、コラーゲンが減少した肌は弾力を失います。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師は、「コラーゲンを食べたとしても、そのまま皮膚のコラーゲンになることはありません」と話します。

あわせて読みたい

  • なぜ年をとると肌がシワシワになるのか? シワができるメカニズムと予防法を皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    なぜ年をとると肌がシワシワになるのか? シワができるメカニズムと予防法を皮膚科医が解説

    dot.

    9/17

    いまだ続くステロイドへの誤解 「アトピー性皮膚炎」の治療とは?

    いまだ続くステロイドへの誤解 「アトピー性皮膚炎」の治療とは?

    週刊朝日

    11/19

  • ニキビ痕の凹凸を目立たなくする「ラジオ波」とは?

    ニキビ痕の凹凸を目立たなくする「ラジオ波」とは?

    週刊朝日

    11/28

    足の裏にできるタコ、うおのめ、イボ 皮膚科医が解説するその違いとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    足の裏にできるタコ、うおのめ、イボ 皮膚科医が解説するその違いとは?

    dot.

    4/26

  • 再生医療で「永遠の美」や「不老不死」は実現するか? 専門医が解説

    再生医療で「永遠の美」や「不老不死」は実現するか? 専門医が解説

    dot.

    3/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す