【心臓病】進行すると命に関わる発作や心不全に 低侵襲化する治療を医師が解説

いい病院2023

2023/01/13 17:00

 心臓には心筋の収縮と拡張によって、血液を全身に行き渡らせるポンプとしての機能があります。心臓病は、心筋や、心臓の中で血液の流れをコントロールする弁、冠動脈や大動脈などの血管に何か異常が発生して起きる病気の総称で、狭心症や心筋梗塞(こうそく)などの虚血性心疾患、心臓弁膜症、不整脈、心筋症などがあります。心不全は、これらの心臓病をはじめさまざまな原因により、心臓のポンプ機能が十分に働かなくなった状態をいいます。

あわせて読みたい

  • 【心臓手術】手術も低侵襲化が進むが難易度は高い 経験豊富な病院・医師の選択が重要

    【心臓手術】手術も低侵襲化が進むが難易度は高い 経験豊富な病院・医師の選択が重要

    dot.

    3/18

    渡辺徹が手術を公表した大動脈弁狭窄症 自覚症状が少なく進行しやすい 動作の衰えに注意!

    渡辺徹が手術を公表した大動脈弁狭窄症 自覚症状が少なく進行しやすい 動作の衰えに注意!

    dot.

    4/27

  • 動悸・息切れは年のせいじゃない!? 心臓弁膜症の可能性も

    動悸・息切れは年のせいじゃない!? 心臓弁膜症の可能性も

    dot.

    8/3

    進化する心臓弁膜症手術 安全性向上のカギは?

    進化する心臓弁膜症手術 安全性向上のカギは?

    dot.

    8/4

  • 【虚血性心疾患】心臓の血管が硬く狭くなる 完全に詰まると心臓の筋肉が壊死して命の危険

    【虚血性心疾患】心臓の血管が硬く狭くなる 完全に詰まると心臓の筋肉が壊死して命の危険

    dot.

    1/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す