足の裏にできたほくろ、爪に出現した黒い線は危険!見落としやすい皮膚がんは?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ほくろ

2022/08/19 07:00

足の裏にできたほくろ、爪に出現した黒い線、いんきんたむし(陰部の水虫)だと思って水虫の薬を塗り続けても治らない病変……、これらはいずれも皮膚がんの疑いがあります。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が見落としやすい皮膚がんについて解説します。

あわせて読みたい

  • 皮膚科は夏が患者が多い ヘルペスには要注意、夏場に多い皮膚病は? 医師が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    皮膚科は夏が患者が多い ヘルペスには要注意、夏場に多い皮膚病は? 医師が解説

    dot.

    7/22

    大人になって新しくできた「ほくろ」は皮膚がんに注意 「いい皮膚」の日に知っておきたいサイン
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    大人になって新しくできた「ほくろ」は皮膚がんに注意 「いい皮膚」の日に知っておきたいサイン

    dot.

    11/12

  • 「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?

    dot.

    11/8

    爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説

    dot.

    10/15

  • 「爪のけがを放置していたら、がんだった」 爪が黒くなったときの病気の違いとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「爪のけがを放置していたら、がんだった」 爪が黒くなったときの病気の違いとは?

    dot.

    6/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す