サル痘、日本でも初確認で気になる「感染経路」や「致死率」 拡大の可能性は? 専門家の見解

2022/07/28 06:00

 25日、日本で「サル痘」の感染者が初めて確認された。感染者数は世界75カ国・地域で1万8千人(7月25日時点)と急激に増加している。世界保健機関(WHO)も緊急事態を宣言した。新型コロナに加えて、サル痘のリスクが伝えられると、SNSでは不安の声が多数上がっている。現時点で推測される感染経路などについて専門家の見解を聞いた。

あわせて読みたい

  • サル痘の「異常な広がり」と「濃厚接触」 WHO緊急事態宣言見送りの理由とは

    サル痘の「異常な広がり」と「濃厚接触」 WHO緊急事態宣言見送りの理由とは

    AERA

    6/28

    AIが予測 「第4波ピークは10月、過去最悪の大流行に」 五輪開会式を「変異株ショック」が直撃

    AIが予測 「第4波ピークは10月、過去最悪の大流行に」 五輪開会式を「変異株ショック」が直撃

    週刊朝日

    4/6

  • ワクチン効かなくなる可能性も…ゲノム医療の第一人者が警鐘を鳴らす「コロナ強毒化」

    ワクチン効かなくなる可能性も…ゲノム医療の第一人者が警鐘を鳴らす「コロナ強毒化」

    週刊朝日

    6/2

    第2波の背景に「6塩基変異ウイルス」 無症状者らが感染をつないでいた可能性

    第2波の背景に「6塩基変異ウイルス」 無症状者らが感染をつないでいた可能性

    AERA

    8/25

  • 20代女性「梅毒」急増に医師が懸念 そのリスクとは?

    20代女性「梅毒」急増に医師が懸念 そのリスクとは?

    週刊朝日

    2/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す