赤穂事件の不審な点だらけ…討ち入りは幕府によってあらかじめ仕組まれていた?

吉良上野介

2022/08/07 08:00

主君の仇を討つために家臣たちが討ち入りをした事件として知られている、赤穂浪士の吉良邸討ち入り。人形浄瑠璃や芝居などの題材にもされた有名な事件だが、実はこの事件は単なる仇討ちではなかった、という説がある。今回は、河合敦著『江戸500藩全解剖 関ヶ原の戦いから徳川幕府、そして廃藩置県まで』(朝日新書)の中から、そんな赤穂事件の「真相」を紹介する。

あわせて読みたい

  • おかると勘平の悲劇も、山鹿流陣太鼓も、全てフィクション?――『忠臣蔵』は創作だらけの物語だった

    おかると勘平の悲劇も、山鹿流陣太鼓も、全てフィクション?――『忠臣蔵』は創作だらけの物語だった

    tenki.jp

    12/14

    12月14日は何の日? 時は元禄15年、泉岳寺は1日にして江戸で最も有名な寺となった
    筆者の顔写真

    鈴子

    12月14日は何の日? 時は元禄15年、泉岳寺は1日にして江戸で最も有名な寺となった

    dot.

    12/14

  • なぜ富山で…赤穂浪士を偲ぶ茶会が300年以上も続く理由

    なぜ富山で…赤穂浪士を偲ぶ茶会が300年以上も続く理由

    dot.

    12/14

    堤真一主演「決算! 忠臣蔵」 新機軸の仇討ち劇 関西弁と必死のやりくりで悲劇も喜劇に?

    堤真一主演「決算! 忠臣蔵」 新機軸の仇討ち劇 関西弁と必死のやりくりで悲劇も喜劇に?

    AERA

    11/15

  • 「義士祭」は冬の季語ではない?赤穂浪士たちと俳句

    「義士祭」は冬の季語ではない?赤穂浪士たちと俳句

    tenki.jp

    12/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す