「運命は変えられる」と説いたサルトル “結婚”さえも自分の好きなように変えた

哲学

2022/07/22 14:00

「人間は何にでもなれる」と言った「20世紀の知のスター」がいました。サルトルです。言わずと知れたフランスの哲学者ですが、この人物、男女問わずモテモテで、作家、劇作家、活動家としても活躍しました。哲学といえば、難解でとっつきにくいというイメージがあるかもしれませんが、『ざっくりわかる8コマ哲学』(著/小川仁志、マンガ/まめ)では、東西に広く知られる35人の哲学者の思想を、8コマまんがでざっくりゆる~く解説しました。ここでは、サルトルの思想をご紹介します。

あわせて読みたい

  • “ご褒美デー”はポテチ 奈緒「ストイックに見えるかもしれませんが…」

    “ご褒美デー”はポテチ 奈緒「ストイックに見えるかもしれませんが…」

    週刊朝日

    5/15

    ピアノを弾く哲学者サルトル、ニーチェ、バルト

    ピアノを弾く哲学者サルトル、ニーチェ、バルト

    週刊朝日

    8/27

  • 天才哲学者ニーチェを襲った「脳梅毒」 近年流行の一因に梅毒遺伝子の変化も?
    筆者の顔写真

    早川智

    天才哲学者ニーチェを襲った「脳梅毒」 近年流行の一因に梅毒遺伝子の変化も?

    AERA

    11/16

    選択的夫婦別姓はリベラルじゃない? 「先祖のため名字を変えたくない」は保守の価値観ではとの指摘も

    選択的夫婦別姓はリベラルじゃない? 「先祖のため名字を変えたくない」は保守の価値観ではとの指摘も

    AERA

    12/22

  • 明治大が初のダブル1位 プロ野球、サッカー選手出身大学ランキング 監督が明かす強さの秘密

    明治大が初のダブル1位 プロ野球、サッカー選手出身大学ランキング 監督が明かす強さの秘密

    dot.

    5/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す