今季すでにノーヒットノーランが4人誕生…選手年俸も「投高打低」の時代到来か

佐々木朗希

2022/06/24 06:00

 日本のプロ野球界は「投高打低」の傾向が顕著になっている。6月22日現在でセリーグは阪神の青柳晃洋、西勇輝、パリーグはオリックスの山本由伸、山岡泰輔、ロッテ・佐々木朗希、石川歩、日本ハム・加藤貴之と計7人が防御率1点台をマーク。一方で、打率3割以上の選手はセパ合わせて5人のみだ。

あわせて読みたい

  • 今季プロ野球で記録が生まれる要因は? 東尾修「数字や映像が選手の改良後押し」
    筆者の顔写真

    東尾修

    今季プロ野球で記録が生まれる要因は? 東尾修「数字や映像が選手の改良後押し」

    週刊朝日

    6/18

    「令和の怪物」佐々木朗希 野茂英雄、村田兆治、ダルビッシュを超える奪三振記録を狙えるのか

    「令和の怪物」佐々木朗希 野茂英雄、村田兆治、ダルビッシュを超える奪三振記録を狙えるのか

    dot.

    5/1

  • 「投高打低」のプロ野球、40年ぶり「1割打者」誕生の可能性 「すごいこと」専門家が絶賛のワケ

    「投高打低」のプロ野球、40年ぶり「1割打者」誕生の可能性 「すごいこと」専門家が絶賛のワケ

    AERA

    6/30

    広島入りの秋山翔吾、日本で活躍できるかは“未知数” それでも獲得が成功の理由

    広島入りの秋山翔吾、日本で活躍できるかは“未知数” それでも獲得が成功の理由

    dot.

    6/27

  • 佐々木朗希は数字で「伝説的投手」にどこまで迫れるか 奪三振率はリリーフ含め最高レベル

    佐々木朗希は数字で「伝説的投手」にどこまで迫れるか 奪三振率はリリーフ含め最高レベル

    dot.

    5/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す