医学部「産科枠」入試で産科医不足は解消できる? 入学時に診療科を決めるメリット・デメリット

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2022/06/10 07:00

地域の医師不足を解消するため、大学医学部入試には「地域枠」があり、卒業後は指定の地域で何年間か働くことが条件になります。一方、診療科によって医師が不足していることも問題視されており、その解決策として入学時に診療科を決める「診療科枠」(具体的には「産科枠」など)もあります。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師がこの問題について語ります。

あわせて読みたい

  • 「あなたは子どもをつくりますか?」 不適切入試が相次ぐ医学部の面接でトンデモ質問が飛び交う理由

    「あなたは子どもをつくりますか?」 不適切入試が相次ぐ医学部の面接でトンデモ質問が飛び交う理由

    dot.

    12/8

    医学部は「地域枠入試」が狙い目? 37年ぶり医学部新設のあの大学も

    医学部は「地域枠入試」が狙い目? 37年ぶり医学部新設のあの大学も

    週刊朝日

    9/10

  • 医学部合格には専門プログラムが有効? 医学部に強い高校とは…

    医学部合格には専門プログラムが有効? 医学部に強い高校とは…

    週刊朝日

    4/19

    なぜ「多浪生」は避けられるのか? 医学部入試の切ない事情

    なぜ「多浪生」は避けられるのか? 医学部入試の切ない事情

    dot.

    1/19

  • “奨学金”を返済したのに希望する病院で働けない 医師が語る「地域枠入試は誰のため」
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    “奨学金”を返済したのに希望する病院で働けない 医師が語る「地域枠入試は誰のため」

    dot.

    3/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す