清原和博、衣笠祥雄、阿部慎之助…強打者だけじゃない、死球を受ける打者の共通点とは?

2022/06/06 06:00

 鈴木大地(楽天)が5月14日、史上23人目の通算100死球を記録した。過去22人は全員100本塁打以上で、鈴木(通算69本塁打)のような打者のケースは珍しい。強打者やベース方向に踏み込んで打つ選手に死球が多いのは当然だが、はたしてそれだけなのだろうか。死球にまつわるエピソードを交えながら、過去の記録を振り返ってみよう。

あわせて読みたい

  • 「最近の選手は死球の避け方が下手」張本勲氏の主張は本当か検証した

    「最近の選手は死球の避け方が下手」張本勲氏の主張は本当か検証した

    dot.

    4/7

    「中日は激しかった」広島の捕手OBが語る、昔のプロ野球界の“内角攻め”のエグさ

    「中日は激しかった」広島の捕手OBが語る、昔のプロ野球界の“内角攻め”のエグさ

    dot.

    7/10

  • 「死球の多い投手は退場に」 2戦で4死球の阪神-ヤクルトで議論に

    「死球の多い投手は退場に」 2戦で4死球の阪神-ヤクルトで議論に

    dot.

    4/20

    佐々木朗希に東尾修「究極の投球スタイル。ここからが本当の勝負」
    筆者の顔写真

    東尾修

    佐々木朗希に東尾修「究極の投球スタイル。ここからが本当の勝負」

    週刊朝日

    4/23

  • 【2019年プロ野球総括・投手編】千賀、山口が奮闘するも目立った選手なし 投低は続くのか?

    【2019年プロ野球総括・投手編】千賀、山口が奮闘するも目立った選手なし 投低は続くのか?

    dot.

    11/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す