国立感染研「空気感染」と明記し波紋 専門家は「感染対策をミスリードした可能性はある」と指摘

2022/04/09 08:00

国立感染症研究所=東京都新宿区
国立感染症研究所=東京都新宿区

 国立感染症研究所(感染研)が、新型コロナの主な感染経路として、「エアロゾル感染」(空気感染)があると明記したことが波紋を呼んでいる。これまで感染研は「飛沫感染」と「接触感染」を主な感染経路として説明し、飲食店などでもその認識に基づいた対策を行ってきた。しかし、アメリカなどでは昨年から「空気感染」を主な感染経路として認め、換気などの対策に重点を移してきている。コロナ対策は今後どう変わるのか。

【画像】日本のコロナ対策にも影響? ホワイトハウスHPに掲載された論考はこちら

*  *  *

  3月28日、国立感染症研究所のホームページに「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染経路について」と題した記事が公表された。そこにあったのは、次の説明だ。

<(感染の)経路は主に3つあり、(1)空中に浮遊するウイルスを含むエアロゾルを吸い込むこと(エアロゾル感染)、(2)ウイルスを含む飛沫が口、鼻、目などの露出した粘膜に付着すること(飛沫感染)、(3)ウイルスを含む飛沫を直接触ったか、ウイルスが付着したものの表面を触った手指で露出した粘膜を触ること(接触感染)、である>

 いま専門家らの間で「なぜ今まで明記しなかったのか理解に苦しむ」とまで言われているのが、(1)のエアロゾル感染について。感染研はこれまで主な感染経路として「飛沫感染」と「接触感染」を挙げていた。それは2022年1月に感染研のホームページで公表された「オミクロン株について(第6報)」にも記載されている。

<従来株やデルタ株によるこれまでの事例と比較し、感染・伝播性はやや高い可能性はあるが、現段階でエアロゾル感染を疑う事例の頻度の明らかな増加は確認されず、従来通り感染経路は主に飛沫感染と、接触感染と考えられた>

 こうした説明は世界の認識と異なっている。世界保健機関(WHO)は当初、空気感染を否定していたが、21年4月、ホームページで公開されている主な感染経路の解説に空気感染も明記。同年12月に更新された最新版でも「エアロゾルが空中に浮遊したままになるか、あるいは会話をするときの距離よりも遠くに移動する」として空気感染に注意を促している。

NEXT

空気感染対策の重視にアメリカ政府が方針転換か

1 2 3

あわせて読みたい

  • 「空気感染」が主流だった 滞留12時間超のエアロゾルにもやっぱり「マスク」と「換気」

    「空気感染」が主流だった 滞留12時間超のエアロゾルにもやっぱり「マスク」と「換気」

    AERA

    9/9

    新型コロナ 「近距離エアロゾル」の実態 専門家239人が指摘した空気感染の可能性

    新型コロナ 「近距離エアロゾル」の実態 専門家239人が指摘した空気感染の可能性

    AERA

    7/31

  • 【新型肺炎】Xデーはすでに来た 本格流行に備え、徹底すべき予防法とは?

    【新型肺炎】Xデーはすでに来た 本格流行に備え、徹底すべき予防法とは?

    AERA

    2/21

    マンションのコロナ感染リスクは? “意識が高い”住民や管理組合の対策

    マンションのコロナ感染リスクは? “意識が高い”住民や管理組合の対策

    週刊朝日

    6/21

  • 実は「エアコンはつけたまま」換気した方が電気代は得 専門家が教える正しい方法

    実は「エアコンはつけたまま」換気した方が電気代は得 専門家が教える正しい方法

    AERA

    10/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す