『二月の勝者』は真実なのか?難関中学受験塾の代表が語る共感と違和感「カリスマ教師が少ない理由」

中学受験

2022/03/06 10:00

 大手中学受験塾を舞台にしたコミック『二月の勝者-絶対合格の教室-』(小学館)は、そのリアリティーある描写が話題となり、累計発行部数が250万部を超える大ヒットとなった。昨年10月には柳楽優弥主演でドラマ化もされ、受験生の保護者の間では「必読本」とも言われる。だがそれゆえ、漫画の内容をすべてうのみにして、必要以上に重圧を感じてしまう保護者もいる。受験生の親は『二月の勝者』をどう読むべきなのか。武蔵中など難関校に多くの合格者を輩出する中学受験塾「アントレ」代表の柏原大夢(かしはら・ひろむ)さんに、当事者だからこそ知る塾業界の“実態”を聞いた。

あわせて読みたい

  • ドラマ「二月の勝者」の原作漫画家・高瀬志帆が明かす 中学受験の「衝撃的」な現実とは

    ドラマ「二月の勝者」の原作漫画家・高瀬志帆が明かす 中学受験の「衝撃的」な現実とは

    dot.

    10/16

    「中学受験塾には低学年から入れたほうが合格しやすい?」 安浪京子・矢萩邦彦の見解は
    筆者の顔写真

    安浪京子 矢萩邦彦

    「中学受験塾には低学年から入れたほうが合格しやすい?」 安浪京子・矢萩邦彦の見解は

    dot.

    11/1

  • 「一般の塾生が僕らの授業料を払って…」東大受験の“歪な構図”

    「一般の塾生が僕らの授業料を払って…」東大受験の“歪な構図”

    AERA

    9/23

    中学受験「合格率40%」で受けさせてもいい? カリスマ・安浪京子先生がアドバイス

    中学受験「合格率40%」で受けさせてもいい? カリスマ・安浪京子先生がアドバイス

    AERA

    11/7

  • 【異例の重版決定!】新創刊ムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』

    【異例の重版決定!】新創刊ムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』

    7/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す