医療ひっ迫の大阪市が高齢者施設に「救急車より相談窓口へ」と促した文書入手「電話つながらない」と困惑 

吉村知事

2022/02/20 09:00

救急車で運ばれる新型コロナウイルス感染症の患者
救急車で運ばれる新型コロナウイルス感染症の患者

 2月20日で期限を迎えるまん延防止等重点措置の期限が3月6日まで延長されることが決まった大阪府。府内の自宅療養者は6万8500人、入院・療養等調整中の陽性者は6万2600人以上(18日現在)にも上る。

【写真】大阪市消防局と大阪市福祉局が高齢者福祉施設に出した要請全文はこちら

 救急車の出動要請が急増する中、大阪市消防局と大阪市福祉局が高齢者福祉施設に対し、「(119番通報より)保健所などの相談窓口に連絡を」と促すメールを2月4日に一斉送信していたことがわかった。AERAdot.が入手した文書には次のように記されていた。

<新型コロナウイルス感染症陽性者の症状悪化に伴う問い合わせ等については、保健所が受付け、必要に応じて入院・宿泊調整等を行うこととなっております。高齢者施設からの救急要請の中には、施設の医師、看護師等による観察や酸素投与等必要な処置が施されている状況であっても、保健所を介さずに、直接119番通報されている事案が見受けられます。(救急隊が対応した場合であっても、保健所に連絡し、入院の要否、搬送先の選定等の指示を仰ぐことになります)>

 このように指摘した上で、<相談窓口に連絡して頂きますよう何卒宜しくお願いいたします>と保健福祉センターや自宅療養者専用ダイヤルの電話番号を記載していた。

 大阪市内の高齢者施設で介護の仕事をしているスタッフはこの文書を知り、愕然としたという。

「確か2月7日に事務方からメールの件は知らされました。このようなメールが届いたら、大阪市内の高齢者施設は119番通報をためらいますね。うちの施設に入所している高齢者の平均年齢は70歳代後半になります。新型コロナウイルス感染がなくとも、体調の急変で119番通報をすることはよくあった。今はさらにコロナ感染もあり、病院ですぐ手当てしてもらわないと命にかかわるケースもある。コロナ患者が多く、大変だから高齢者施設は119番通報を控えてほしいと解釈できるこのメールは、ちょっと信じがたい」

NEXT

保健所に20~30回かけてもつながらず

1 2 3

あわせて読みたい

  • ワースト1位大阪、2位京都、高知が東京を上回る、沖縄は意外に41位、全国47都道府県コロナ死亡数

    ワースト1位大阪、2位京都、高知が東京を上回る、沖縄は意外に41位、全国47都道府県コロナ死亡数

    dot.

    3/5

    止まらない大阪のコロナ「感染爆発」 吉村知事は菅政権に忖度せず、再延期の要請を

    止まらない大阪のコロナ「感染爆発」 吉村知事は菅政権に忖度せず、再延期の要請を

    dot.

    5/2

  • 大阪府が医療非常事態宣言 保健所職員が告発「感染者登録が手入力で追いつかず、クラスターも申告せず…」

    大阪府が医療非常事態宣言 保健所職員が告発「感染者登録が手入力で追いつかず、クラスターも申告せず…」

    dot.

    2/8

    大阪府“医療崩壊”で吉村知事は身動き取れず 西浦・京大教授の分析が示す東京との格差

    大阪府“医療崩壊”で吉村知事は身動き取れず 西浦・京大教授の分析が示す東京との格差

    dot.

    2/13

  • コロナで父親急死 大阪府議が激白「吉村知事に命の選別の過酷さ伝えたい。保健所に200回以上、電話」

    コロナで父親急死 大阪府議が激白「吉村知事に命の選別の過酷さ伝えたい。保健所に200回以上、電話」

    dot.

    6/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す