NBA入り目指して“登竜門”で戦った日本人たち 幻の第1号となったプレイヤーも

NBA

2022/01/21 18:00

 NBA入りを目指し、現在NCAAディビジョン1のネブラスカ大で奮闘している富永啓生だが、現地時間17日までに公式戦19試合でプレーし、1試合平均7.8得点、1.5リバウンドを記録している。

あわせて読みたい

  • 日本バスケ界では“異質なレベル” 富永啓生は世界で通用するシューターとなれるか

    日本バスケ界では“異質なレベル” 富永啓生は世界で通用するシューターとなれるか

    dot.

    10/9

    八村&渡邊に続けるか…“日本の至宝” 富永啓生、NCAA経由NBA行きへ期待高まる

    八村&渡邊に続けるか…“日本の至宝” 富永啓生、NCAA経由NBA行きへ期待高まる

    dot.

    4/9

  • 日本バスケ“期待の星”富永啓生、見え始めた「NBAへの道」NCAAでも光る存在感 

    日本バスケ“期待の星”富永啓生、見え始めた「NBAへの道」NCAAでも光る存在感 

    dot.

    12/12

    八村塁、日本バスケの歴史塗り替える「デカさと速さと謙虚さ」でNBAデビュー

    八村塁、日本バスケの歴史塗り替える「デカさと速さと謙虚さ」でNBAデビュー

    AERA

    7/18

  • プロの中でも際立つ才能、河村勇輝の“スケール感”は国内の大学で収まるのか?

    プロの中でも際立つ才能、河村勇輝の“スケール感”は国内の大学で収まるのか?

    dot.

    2/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す