40歳目前で「隠れ発達障害」が発覚 「私自身に差別意識があった」不登校新聞編集長の気づき

ぶらり不登校

不登校新聞

2022/01/04 10:00

 近年、「大人の発達障害」について各方面で話題になることが多くなりました。脳の特性一つですが、社会生活を送るうえで「生きづらい」と悩んでいる人は少なくありません。不登校新聞編集長の石井志昂さんもその一人でした。石井さんはこのほど、診断を受けたそうです。障害を知ることにどんな意味があるのか、そして実際に診断を受けてみてどんなことを感じ、何に気づいたのか。当事者の言葉でつづります。

あわせて読みたい

  • 自分も夫も子も発達障害を持つ苦しみ 「困っている」をどこに相談すればいいのか

    自分も夫も子も発達障害を持つ苦しみ 「困っている」をどこに相談すればいいのか

    AERA

    4/8

    スマホ依存と発達障害の関連性を考える

    スマホ依存と発達障害の関連性を考える

    dot.

    1/21

  • 発達障害は親子での受診も大事

    発達障害は親子での受診も大事

    週刊朝日

    7/9

    「発達障害」と「依存症」の密接な関係…専門医が解説

    「発達障害」と「依存症」の密接な関係…専門医が解説

    週刊朝日

    11/14

  • 医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    AERA

    6/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す