史上初の前年最下位から両リーグ優勝 高津、中嶋監督にあって、原監督に欠けていた「手腕」とは

2021/10/28 16:02

 今年のペナントレースは誰もが予期せぬ展開となった。前年最下位だったヤクルト、オリックスが共にリーグ優勝。前年最下位のチームが両リーグ優勝するのは史上初だった。シーズン前、両球団の前評判は決して高くなかった。なぜ頂点に立てたのか。

あわせて読みたい

  • ヤクルト奥川、オリックス宮城ら若手が日本シリーズで躍動 巨人は「吉川尚輝を常時使うべき」の指摘

    ヤクルト奥川、オリックス宮城ら若手が日本シリーズで躍動 巨人は「吉川尚輝を常時使うべき」の指摘

    dot.

    11/24

    ヤクルトとオリックス、「前年最下位から優勝」の理由を東尾修が解説
    筆者の顔写真

    東尾修

    ヤクルトとオリックス、「前年最下位から優勝」の理由を東尾修が解説

    週刊朝日

    11/6

  • ヤクルトは“過去最大級の補強”でも不十分? 2年連続最下位から脱出するカギは…

    ヤクルトは“過去最大級の補強”でも不十分? 2年連続最下位から脱出するカギは…

    dot.

    3/23

    東尾修「巨人・上原の起用は序盤の我慢がカギ」
    筆者の顔写真

    東尾修

    東尾修「巨人・上原の起用は序盤の我慢がカギ」

    週刊朝日

    3/31

  • ヤクルトの躍進は「ローテ固定しない」逆転の発想にあり 東尾修が解説
    筆者の顔写真

    東尾修

    ヤクルトの躍進は「ローテ固定しない」逆転の発想にあり 東尾修が解説

    週刊朝日

    10/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す