眞子さまへの複雑性PTSD診断は“勇み足“? 精神科医・和田秀樹氏が語るこれだけの疑問

2021/10/01 22:00

婚約が内定し、記者会見する眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日 (c)朝日新聞社
婚約が内定し、記者会見する眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日 (c)朝日新聞社

 眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚を宮内庁が発表した。それと同時に公表されたのが、眞子さまが「複雑性PTSD」と診断されていたということだ。しかし、この診断に対して、複雑性PTSDに詳しい精神科医の和田秀樹氏が「診断は“勇み足”ではないか」と疑問を投げかけた。

【写真】あっ、カモを落としちゃった!大慌ての眞子さまの「失敗」

――複雑性PTSDとは何でしょうか。

 PTSD(心的外傷後ストレス障害)というのは、単発的な出来事によって、発症するものです。例えば、レイプなどの暴行を受けた、目の前で人が死ぬのを見たなど、いわゆるトラウマになるような出来事があって、発症します。

 それに対して複雑性PTSDは反復的、長期的なトラウマによって引き起こされるものです。例えば、長期間苛烈ないじめや虐待を受けていたり、民族対立の中、常に怖い思いをしていたとかです。

――PTSDとは症状が違うのでしょうか。

 PTSDより複雑性PTSDのほうがより深刻な症状が出ます。

 人とうまく付き合えなくなったり、感情が不安定になったりします。また、「解離症状」というのが出て、記憶が飛んで、おかしな行動が出るなどの症状があったりします。

 人格が変わってしまったり、意識レベルにもかかわるもので、「パーソナリティ障害」や「多重人格」(解離性同一性障害)といったものです。
 私も複雑性PTSDの患者を診ていますが、仕事に就けない人も多いです。

――眞子さまも複雑性PTSDということだが、どう捉えたか。

 実際に診ていないのでわからないですが、直前まで公務をされていたことを踏まえると、「適応障害」のほうが近いと思います。

 先ほど述べましたが、複雑性PTSDは虐待を受けてきたような人が、仕事も就けず、性格も安定しないなどの症状が出るほど深刻なものです。

 皇室にいることで一般人では言われないようなことを多く言われる、多数書かれるという状況です。その状況に適応できていないということのほうが、症状として近いのではないでしょうか。

NEXT

複雑性PTSDは「診断した医師の“勇み足”のよう。その理由は?

1 2

あわせて読みたい

  • 眞子さまが診断された「複雑性PTSD」 持続的に受けたひどいトラウマ体験が引き金になる

    眞子さまが診断された「複雑性PTSD」 持続的に受けたひどいトラウマ体験が引き金になる

    dot.

    10/1

    小室夫妻NY新生活の現実 「複雑性PTSDの眞子さんを支える圭さんら身近な人が大変」精神科医

    小室夫妻NY新生活の現実 「複雑性PTSDの眞子さんを支える圭さんら身近な人が大変」精神科医

    dot.

    11/13

  • 眞子さまへの止まぬ批判、「意見」と「中傷」の線引きは? ネット中傷に詳しい弁護士に聞く

    眞子さまへの止まぬ批判、「意見」と「中傷」の線引きは? ネット中傷に詳しい弁護士に聞く

    dot.

    10/6

    眞子さまの複雑性PTSD発症に韓国メディアは「日本国民は空気を読まない皇女を批判」

    眞子さまの複雑性PTSD発症に韓国メディアは「日本国民は空気を読まない皇女を批判」

    dot.

    10/5

  • 「幸せそうな子どもを見ると腹が立つ」 大人になってぶり返す“虐待サバイバー”の傷跡

    「幸せそうな子どもを見ると腹が立つ」 大人になってぶり返す“虐待サバイバー”の傷跡

    週刊朝日

    6/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す