小山田圭吾氏「いじめしていない」釈明で炎上 「人間性を疑う」と教師ら

2021/09/16 15:00

ミュージシャンの小山田圭吾氏(C)朝日新聞社
ミュージシャンの小山田圭吾氏(C)朝日新聞社

 ミュージシャンの小山田圭吾氏が過去に「いじめ告白」をしたことが問題になり、東京五輪、パラリンピックで開閉会式の楽曲担当を大会前に辞任した一件で、小山田氏が9月16日発売の「週刊文春」で発言の真相について言及したことが大きな反響を呼んでいる。

【写真】五輪開会式でネットがざわついたシーンといえばこちら

「いじめ告白」は邦楽誌ロッキング・オン・ジャパンの1994年1月号だった。小山田氏が学生時代に、被害者を全裸にしてひもで巻いて人糞を無理矢理食べさせるなどの行為をさせた上で、バックドロップをするなどのいじめのアイデアを出していたことを告白。サブカルチャー系雑誌「クイック・ジャパン」(太田出版)の95年8月号でも、障がい者の下半身の服を脱がせるなどのいじめを告白している。

 一連の発言が問題視されて批判の声が殺到すると、小山田は自身のツイッターで、「多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることとなり、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

「本来であれば、様々な理由から、私の参加にご不快になられる方がいらっしゃることを考慮し、依頼を辞退すべきだったのかもしれません。しかし、課題も多く困難な状況のなか、開会式を少しでも良いものにしようと奮闘されていらっしゃるクリエイターの方々の覚悟と不安の両方をお伺いし、熟考した結果、自分の音楽が何か少しでもお力になれるのであればという思いから、ご依頼を受けるに至りました」と綴った。

 これを受けて、組織委員会の武藤敏郎事務総長は記者会見で、「小山田さんが謝罪されたのを、わたくしどもも理解しました。彼は現時点で十分に謝罪し、反省をしている。我々は当初、そういうことを知らなかったのは事実だが、小山田さんに引き続きこのタイミングでありますので、貢献していただきたいと考えています」と説明したことで、さらに炎上する事態に。組織委員会と小山田氏に対する苦情が止まず、辞任に追い込まれた。

 文春オンラインによると、小山田氏はこの「いじめ発言」について、「実は雑誌に掲載されたイジメについては、実際に僕が行ったものではないものも多い」と告白。「インタビューではその場を盛り上げるために、自分の身の回りに起きたことも含めて語ってしまいました」と弁明したという。

NEXT

釈明に疑問の声が続々

1 2

あわせて読みたい

  • 小山田圭吾氏の「いじめ問題」批判が収束せず、組織委に辞任を申し出 

    小山田圭吾氏の「いじめ問題」批判が収束せず、組織委に辞任を申し出 

    dot.

    7/19

    小山田氏辞任で開会式の楽曲は使用せず「もうバッハでいくしかない」と官邸筋

    小山田氏辞任で開会式の楽曲は使用せず「もうバッハでいくしかない」と官邸筋

    dot.

    7/20

  • 小山田氏いじめ問題は「差別」、韓国の五輪問題は「無知」カンニング竹山が怒る
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    小山田氏いじめ問題は「差別」、韓国の五輪問題は「無知」カンニング竹山が怒る

    dot.

    7/21

    ホロコースト揶揄の五輪演出担当・小林賢太郎氏を解任 「今からでも五輪辞めろ」の声が相次ぐ

    ホロコースト揶揄の五輪演出担当・小林賢太郎氏を解任 「今からでも五輪辞めろ」の声が相次ぐ

    dot.

    7/22

  • 「小山田圭吾氏、小林賢太郎氏、止まらない辞任の背景にSNSの力」ママYouTuberのなーちゃん
    筆者の顔写真

    なーちゃん

    「小山田圭吾氏、小林賢太郎氏、止まらない辞任の背景にSNSの力」ママYouTuberのなーちゃん

    dot.

    7/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す