新体操、AS選手の“驚くべき練習量” 華やかな演技の裏にストイックを超えた厳しさ

2021/08/17 18:00

 華やかな芸術スポーツの裏側には、地道で過酷な練習がある。他の選手と演技を同調させる必要のある新体操団体やアーティスティックスイミング(以下AS)のデュエット・チームでは、なおさら長時間の鍛錬が必要だ。

あわせて読みたい

  • 世界水泳開幕!  シンクロ・井村雅代コーチ、東京五輪への戦略は…

    世界水泳開幕! シンクロ・井村雅代コーチ、東京五輪への戦略は…

    dot.

    7/15

    競技名が変わった“大きな意味”  ASデュエット乾&吉田組は4位、感じた世界との差

    競技名が変わった“大きな意味” ASデュエット乾&吉田組は4位、感じた世界との差

    dot.

    8/5

  • 「命を懸けていかな」シンクロ井村コーチの“スパルタ語録”

    「命を懸けていかな」シンクロ井村コーチの“スパルタ語録”

    週刊朝日

    8/25

    「和」のイメージから脱却すべき?  AS日本が世界トップに戻るために必要なこと

    「和」のイメージから脱却すべき? AS日本が世界トップに戻るために必要なこと

    dot.

    9/7

  • フェアリージャパン“攻めの演技”も実らず8位…改めて感じた採点競技の難しさ

    フェアリージャパン“攻めの演技”も実らず8位…改めて感じた採点競技の難しさ

    dot.

    8/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す