『平家物語』から読み解く 中世の人々が本気で怖れた「地獄堕ち」

朝日新聞出版の本

2021/08/19 08:00

 死後、遺族が執り行う法要が死者に下される審判に大きな影響を及ぼすのだとしたら、家族や親しい人のいない死者は誰にも供養されず、厳しい審理を受け、減刑もされずただ結審を待つだけということになってしまう。情状酌量もないまま、いわれのない罪で地獄に堕ちてしまうこともあるかもしれない。

あわせて読みたい

  • 7月号国文学者 星 瑞穂 Hoshi Mizuhoたのしい地獄の歩き方

    7月号国文学者 星 瑞穂 Hoshi Mizuhoたのしい地獄の歩き方

    7/2

    ジブリ次回作は『平家物語』になる予定だった プロデューサーが明かす『かぐや姫の物語』制作秘話

    ジブリ次回作は『平家物語』になる予定だった プロデューサーが明かす『かぐや姫の物語』制作秘話

    BOOKSTAND

    11/16

  • 寂光院の放火火災から20年 平清盛の娘の命日を前に怒り再び
    筆者の顔写真

    鈴子

    寂光院の放火火災から20年 平清盛の娘の命日を前に怒り再び

    dot.

    12/12

    初代・平清盛を演じた仲代達矢が語る「新・平家物語」の時代
    筆者の顔写真

    植草信和

    初代・平清盛を演じた仲代達矢が語る「新・平家物語」の時代

    dot.

    9/10

  • 首折り男のための協奏曲

    首折り男のための協奏曲

    2/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す