天龍さんが語る“前回の東京五輪の頃” アベベのように裸足で逃走した相撲時代 ピーター見たさに六本木へ!

70歳からのはっけよい!

プロレス

2021/07/25 07:00

 50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、2019年の小脳梗塞に続き、今度はうっ血性心不全の大病を乗り越えてカムバックした天龍源一郎さん。人生の節目の70歳を超えたいま、天龍さんが伝えたいことは? 今回は「オリンピック」をテーマに、つれづれに明るく飄々と語ってもらいました。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す