大谷翔平所属のエンゼルス、他球団に“劣る”補強戦略 今後は抜本改革も必要か

2021/07/20 18:00

 7月末はMLBにとって非常に大きな意味を持つトレード期限。プレーオフ進出、ワールドシリーズ制覇を目指すチームは短い残りシーズンで戦力を底上げしてくれる即戦力を求め、来季以降を見据えるチームは主力と引き換えに若手有望株を集める。前者だけを見れば刹那的な補強に思えるかもしれないが、長期的な視点に立てば重要なのはむしろ後者だ。

あわせて読みたい

  • 大谷翔平の活躍と裏腹にチーム低迷、エンゼルスの「トラウタニ」が終焉する日も

    大谷翔平の活躍と裏腹にチーム低迷、エンゼルスの「トラウタニ」が終焉する日も

    dot.

    6/26

    大谷翔平、このまま行くと“イチロー化”の危機?

    大谷翔平、このまま行くと“イチロー化”の危機?

    dot.

    2/27

  • 大谷所属のエンゼルスは“戦力ダウン”? トレード期限までに“売り手”に回る可能性も

    大谷所属のエンゼルスは“戦力ダウン”? トレード期限までに“売り手”に回る可能性も

    dot.

    7/5

    「世界一」に近いのは? 日本人メジャーリーガー、所属チームの今季を占う!

    「世界一」に近いのは? 日本人メジャーリーガー、所属チームの今季を占う!

    dot.

    3/26

  • 大谷翔平、エンゼルス以外に“合うチーム”はあるのか 残留の利点&欠点を考察した

    大谷翔平、エンゼルス以外に“合うチーム”はあるのか 残留の利点&欠点を考察した

    dot.

    10/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す