「中日は激しかった」広島の捕手OBが語る、昔のプロ野球界の“内角攻め”のエグさ

2021/07/10 10:00

 プロ野球界も時代とともに大きく変化した。広島、巨人で捕手として活躍した西山秀二が、キャッチャーとしての目線で昔と今の球界の状況について語ってくれた。

あわせて読みたい

  • 巨人連覇の要因は「大城の打力」 元捕手OBが「守備」よりも「打撃」を重視する理由

    巨人連覇の要因は「大城の打力」 元捕手OBが「守備」よりも「打撃」を重視する理由

    dot.

    11/3

    打撃力こそ重要で「配球は結果論」?  現代の“捕手の在り方”が変わった理由

    打撃力こそ重要で「配球は結果論」? 現代の“捕手の在り方”が変わった理由

    dot.

    2/23

  • 小林誠司は二軍降格…巨人は本当に“主力級”の捕手が4人も必要なのか

    小林誠司は二軍降格…巨人は本当に“主力級”の捕手が4人も必要なのか

    dot.

    4/9

    強いチームの象徴的存在! 各球団「歴代最強の捕手」は誰だ【セ・リーグ編】

    強いチームの象徴的存在! 各球団「歴代最強の捕手」は誰だ【セ・リーグ編】

    dot.

    4/19

  • 大失速の阪神、好調の巨人…明暗を分けた「違い」はどこにあるのか?

    大失速の阪神、好調の巨人…明暗を分けた「違い」はどこにあるのか?

    dot.

    6/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す