大混戦のパリーグ カギを握るのは「侍ゼロ」のロッテ

2021/06/30 11:53

「ロッテが正直、一番嫌ですね。束になってかかってくるイメージで、打線は一度つながると止まらない。マーティン、レアードの両主砲に加え、荻野貴司、中村奨吾、角中勝也も追い込まれてからファウルで粘るので投手は神経を消耗する。戦いにくいですよ」(他球団スコアラー)

 飛び抜けたスーパースターがいるわけではないが、相手からすれば厄介な選手がそろっている。リーグトップの333得点と数字にも表れている。快進撃でパリーグの主役に躍り出たオリックスに相性が良いのも強みだ。昨季は18勝5敗1分と大きく勝ち越し。今季も6勝3敗3分。29日のオリックス戦(京セラドーム)は5点のリードを追いつかれたが、逆転は許さず引き分けに持ち込んだ。

 侍ジャパンに1人も選出されないことが、ロッテファンのボルテージをさらに高めている。SNS、ネット上では「ロッテの選手が選ばれなかったのは残念だけど、五輪でコンディションを崩す心配がなくなったと前向きにとらえよう。侍ジャパンの選手たちと遜色ない力のあるメンバーがそろっている。優勝して証明しようぜ」、「侍ジャパンに選ばれなかったけど全く悲観していない。荻野(貴司)は日本一のセンターだと思っているし、益田(直也)は日本一のストッパーだと思っている。唐川(侑己)、佐々木千隼もセットアッパーとして輝いている。今年は混戦で井口監督の腕の見せ所。絶対に勝つ」などのコメントが。

 混戦のパリーグで、ロッテがペナントレースの主役になれるか。最後の最後まで目が離せない戦いが続きそうだ。(牧忠則)

1 2

あわせて読みたい

  • 2008年の悪夢再び? 阪神・梅野「東京五輪に派遣してほしくない」の声

    2008年の悪夢再び? 阪神・梅野「東京五輪に派遣してほしくない」の声

    dot.

    5/11

    ロッテが熱いのは鳥谷敬と沢村拓一の効果? 巨人、阪神とロッテ応援の「兼任ファン」が急増中

    ロッテが熱いのは鳥谷敬と沢村拓一の効果? 巨人、阪神とロッテ応援の「兼任ファン」が急増中

    週刊朝日

    9/13

  • 【12球団見どころ・ソフトバンク編】開幕前からヘトヘト? 大量7選手を送り込んだWBCの“後遺症”は…

    【12球団見どころ・ソフトバンク編】開幕前からヘトヘト? 大量7選手を送り込んだWBCの“後遺症”は…

    dot.

    3/27

    東京五輪のエース、巨人の菅野智之の調子が上向かない本当の理由

    東京五輪のエース、巨人の菅野智之の調子が上向かない本当の理由

    週刊朝日

    8/9

  • 84歳で死去した名将・野村克也さんの最後の夢は「侍ジャパン監督」

    84歳で死去した名将・野村克也さんの最後の夢は「侍ジャパン監督」

    週刊朝日

    2/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す