「減酒外来」で処方された減酒薬 依存症との診断も「断酒は無理」の記者に効くのか?

2021/06/25 11:00

 ここ最近、酒の量がどんどん増え、仕事にも影響が出始めてしまった日々をなんとかしようと、「減酒外来」の受診を決意した44歳の筆者。自分はアルコール依存症なのか、減酒薬がもし処方されたとして、効果はあるのか。都内のクリニックが開設している「減酒外来」に取材後、診察が始まった(本記事は前編「深夜まで飲んで仕事にも影響…酒依存に悩む記者が『減酒外来』受診でわかった意外な事実」から続く)。

あわせて読みたい

  • 【前編】深夜まで飲んで仕事にも影響…酒依存に悩む記者が「減酒外来」受診でわかった意外な事実

    【前編】深夜まで飲んで仕事にも影響…酒依存に悩む記者が「減酒外来」受診でわかった意外な事実

    dot.

    6/25

    エリートでも陥りやすい「アルコール依存」の現実 家庭崩壊の寸前で“減酒”治療にたどり着いた大手金融社員の告白

    エリートでも陥りやすい「アルコール依存」の現実 家庭崩壊の寸前で“減酒”治療にたどり着いた大手金融社員の告白

    dot.

    8/1

  • 実は怖いアルコール依存症“未満” 身近に潜む「問題飲酒」とは?

    実は怖いアルコール依存症“未満” 身近に潜む「問題飲酒」とは?

    AERA

    5/27

    吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    週刊朝日

    11/30

  • お酒で入院、酩酊していた山口達也 専門医が語る依存症の恐さとは?

    お酒で入院、酩酊していた山口達也 専門医が語る依存症の恐さとは?

    dot.

    4/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す