6月3勝のソフトバンク、小久保ヘッドの「次期監督論」に疑問の声 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6月3勝のソフトバンク、小久保ヘッドの「次期監督論」に疑問の声

梅宮昌宗dot.
ソフトバンクの小久保ヘッドコーチ(C)朝日新聞社

ソフトバンクの小久保ヘッドコーチ(C)朝日新聞社

 王者・ソフトバンクに異変が起きている。

【写真】“驚くほど美しい妻”と米で話題になったマー君の奥様はこちら

 12球団トップの8度優勝と得意にしていた交流戦で5勝9敗4分、球団史上最低勝率,357とまさかの失速。リーグ戦再開後も本拠地・ペイペイドームで最下位・日本ハムとの3連戦で1敗2分けと白星が遠い。6月の月間成績は3勝7敗4分。5年連続日本一を狙う王者の強さが全く感じられない。

「白星が遠い要因は深刻な貧打だと思います。主力打者たちの状態がどん底で全くつながらない。長いシーズンでこういう時期もあるのですが、今までのソフトバンクだったら打線のテコ入れや新戦力が活躍して失速しなかった。『もっと若手を積極的に使うべき』という声も外から聞こえますが、内部事情で色々あるのでしょう。幸いなことにこれだけ状態が悪くても優勝争いにはまだまだ踏みとどまっている。この苦戦が一過性で終わればいいのですが……」(スポーツ紙遊軍記者)

 データで見ると、チーム防御率3.27はリーグトップ。19日の日本ハム戦は救援登板した嘉弥真新也の乱調で引き分けに持ち込まれたが、セットアッパー・モイネロ、守護神・森唯斗が不在の中、板東湧梧、泉圭輔らの頑張りで健闘していると言えるだろう。

 問題は打線だ。6月の14試合で、3得点以下の試合が10試合。交流戦は12球団ワーストの打率.233だった。高卒6年目の谷川原健太が19日の日本ハム戦でプロ初スタメンに抜擢され、5回に右翼席に叩き込むプロ初安打初本塁打を放ったが、翌20日はスタメン落ち。春先から打撃好調だった真砂勇介もなかなかスタメンで使われなかった。実績重視に映る起用法だが、今宮健太、松田宣浩、バレンティンら主力の調子がなかなか上がってこない。

 批判の矛先は小久保裕紀ヘッドコーチに向いている。侍ジャパンの初代監督を務め、15年のプレミア12では3位、17年のWBCでは準決勝で米国に敗れた。今年から古巣・ソフトバンクのヘッドコーチに就任し、次期監督の呼び声が高い。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい