「孤独のグルメ」作者が政府に苦言 「ひとり外食もすべて一律規制はあまりに雑です」

一人メシ

2021/06/14 11:00

コロナ禍で多くの飲食店が時短営業などを強いられるなかで、まるで「外食=悪」のように捉えられる風潮も出てきてしまった。だが、問題なのは飲食中の会話による飛沫感染であり、外食自体ではない。漫画「孤独のグルメ」原作者の久住昌之氏も「政府の対応はあまりに雑」と話し、一人メシの実践を続けている。同作の主人公・井之頭五郎がふらっと立ち寄った店で一人飯を堪能するスタイルは、飛沫拡散防止という点でも理想的だ。久住氏に、コロナ時代だからこそできる「一人メシ」の楽しみ方を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「孤独のグルメ」久住昌之は、SNS映えするための料理撮影をどう思う? 「はやりは必ず廃れる」

    「孤独のグルメ」久住昌之は、SNS映えするための料理撮影をどう思う? 「はやりは必ず廃れる」

    AERA

    10/3

    孤独のグルメ【新装版】

    孤独のグルメ【新装版】

    週刊朝日

    10/29

  • 「うま杉良太郎!」ダジャレで孤独感減る?『孤独のグルメ』人気の秘密

    「うま杉良太郎!」ダジャレで孤独感減る?『孤独のグルメ』人気の秘密

    週刊朝日

    10/23

    『孤独のグルメ』今夏SPで復活! 井之頭五郎(松重豊)が仙台市&牡鹿郡女川町を訪れる

    『孤独のグルメ』今夏SPで復活! 井之頭五郎(松重豊)が仙台市&牡鹿郡女川町を訪れる

    Billboard JAPAN

    6/23

  • 孤独のグルメの女版『花のズボラ飯』が3年8ヶ月ぶりに帰ってきた!

    孤独のグルメの女版『花のズボラ飯』が3年8ヶ月ぶりに帰ってきた!

    BOOKSTAND

    11/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す