大坂なおみが全仏棄権 うつ病告白で「現役引退危機」も

2021/06/01 13:40

 女子テニスの大坂なおみが31日、全仏オープンの2回戦を棄権することを自身のツイッターで発表した。大坂は30日の1回戦勝利後、記者会見を拒否し、1万5000ドル(約165万円)の罰金を科せられた。さらに、すべての四大大会主催者から連名で「(今後も記者会見に応じない場合は)全仏の失格、他の四大大会出場停止などにもつながりかねない」と警告されていた。

あわせて読みたい

  • 大坂なおみが初の東京五輪切符も、「休んだ方がいい」の声が続出の理由

    大坂なおみが初の東京五輪切符も、「休んだ方がいい」の声が続出の理由

    dot.

    6/15

    大坂なおみが東京五輪に登場 「メダルを獲ったら記者会見は開いてほしい」と要望も

    大坂なおみが東京五輪に登場 「メダルを獲ったら記者会見は開いてほしい」と要望も

    dot.

    7/25

  • 大坂なおみが3回戦敗退で涙「聖火最終ランナーを務めない方がよかった」の指摘

    大坂なおみが3回戦敗退で涙「聖火最終ランナーを務めない方がよかった」の指摘

    dot.

    7/27

    全米敗退の大坂なおみが休養宣言「五輪出場しない方が良かった」の指摘

    全米敗退の大坂なおみが休養宣言「五輪出場しない方が良かった」の指摘

    dot.

    9/6

  • 大坂なおみ、会見での“ネガティブな刷り込み”がメンタルに影響? 精神状態「ふつうではなかった」と姉が指摘

    大坂なおみ、会見での“ネガティブな刷り込み”がメンタルに影響? 精神状態「ふつうではなかった」と姉が指摘

    AERA

    6/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す