朝乃山「キャバクラ通い」否定から一転認める…厳罰必死で引退危機に (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

朝乃山「キャバクラ通い」否定から一転認める…厳罰必死で引退危機に

牧忠則dot.
土俵入りする朝乃山(c)朝日新聞社

土俵入りする朝乃山(c)朝日新聞社

 SNSやネット上では、「なぜ嘘を吐く、世間がガッカリするのはそこが大きいんだよ。最初から本当の事を言って謝罪してさえいれば、相撲協会からのお咎めもまだ軽かった筈なのに…。立場ある人間が嘘を吐いて、その後すぐにそれがバレるとどうなるのかなんて散々見てきただろう?キャバクラも良くはないが、それよりも嘘が一番ダメなんだよ」、「いまの大相撲では好きな力士でしたが残念な行動や虚偽報告。これには失望しました。あれだけ注意喚起しているのに何故行くのだろう。我々零細企業でも昨年の三月からずっと我慢しての生活を守っています。何故って?そりゃ何かあったら取り返しがつかないからです。大関陥落など当たり前。下の下まで下がってまた一から心を入れ変えてやってほしい!」など落胆の声が。

 失った代償はあまりに大きい。今回の不祥事は自業自得で誰のせいでもない。朝乃山はこのまま終わってしまうのか――。(牧忠則)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい