楽天・田中将大、日本の環境にまだ慣れず? “本領発揮”の日はいつになるのか (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

楽天・田中将大、日本の環境にまだ慣れず? “本領発揮”の日はいつになるのか

dot.sportsdot.
今年から再び楽天でプレーしている田中将大 (c)朝日新聞社

今年から再び楽天でプレーしている田中将大 (c)朝日新聞社

 楽天・田中将大に、かつてのような絶対的な姿が見られない。

【写真】“驚くほど美しい妻”と米で話題になったマー君の奥様はこちら

 日本復帰4試合目の登板となった5月8日の日本ハム戦(札幌ドーム)では7回4失点。ストライクを取りに行った球を狙われ、今季2敗目を喫した。

「その日その日できるベストを尽くしていくしかない」とコメントしたように、今はまだ試行錯誤の段階のようだ。

 期待は当然大きい。メジャー移籍前の13年シーズンには28試合(1試合はリリーフ)に登板し、無傷の24連勝を達成。球団初のリーグ優勝、日本一に大きく貢献した。そして、石井一久GMが監督との兼任となった今年、日本一を目指すべく敢行した補強の最終ピースが田中だった。大きな期待を背負っての楽天復帰であったが、ここまでは期待通りの活躍は披露できていない。

「石井監督はじめ、チームの誰一人心配している人はいません。飛び抜けた実績と経験があるので、任せておけば大丈夫。どんな大投手だって1度も負けないなんてことはありえない。7年間も日本球界から離れていたから、慣れるまで多少の時間はかかるはず。適応すれば実力の違いを見せてくれますよ」(楽天関係者)

 周囲はまったく心配していないが、どこか歯車が狂っているようにも見える。3月25日にはブルペンでの投球後に右足ふくらはぎに軽い張りを訴え、先発予定だった27日の日本ハム戦(楽天生命パーク)を回避。4月17日の日本ハム戦(東京ドーム)では、日本復帰後初登板を果たすも、初回に中田翔に2ランを浴びるなど5回3失点で負け投手となった。その後、24日の西武戦(楽天生命パーク)で6回1失点、5月1日のロッテ戦(楽天生命パーク)では6回無失点と、続けて白星を挙げたが、まだまだ本調子といった感じではない。

「正直、13年でみなさんの印象は止まっている部分はあると思うので、すごく求められてる部分、ハードルというものは高いという風に思っているが、そこをまた跳び越えてやろうというところも自分の中でのやりがいの1つでもあるし、1試合でも多く、チームに勝利をもたらす投球ができればなと思います」(田中入団会見/1月30日)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい