ママになった「アラサーちゃん」峰なゆかに直撃! 明かした"独特すぎる子育て論”とは? (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ママになった「アラサーちゃん」峰なゆかに直撃! 明かした"独特すぎる子育て論”とは?

飯塚大和dot.
峰なゆかさん(撮影/福本邦洋)

峰なゆかさん(撮影/福本邦洋)

産後1カ月で仕事に復帰。創作に励んでいる峰なゆかさん(撮影/福本邦洋)

産後1カ月で仕事に復帰。創作に励んでいる峰なゆかさん(撮影/福本邦洋)

 昨年4月に第一子の出産と結婚を電撃発表した、大ヒット4コマ漫画『アラサーちゃん』作者・峰なゆかさん。出産からちょうど1年。出産直後のインタビューでは、“出産後にやっちゃいけないことリスト”を作成したと話していた峰さん。その後の育児について尋ねると、独特すぎる子育てルールを話してくれた。

【写真】セクシーオーラをまとった峰さんはこちら

――出産からちょうど1年です。どのような生活になりましたか?

 子どもはちょうど1歳になったばかりです。おしゃべりはまだですが、伝い歩きをするようになりました。

 子育てに関しては、夫が育休を取ったので、夫がメインです。もともと(出産前から)夫がワンオペ育児をすると言っていて、それをほぼ宣言通りやっている感じですね。私が仕事に追われて昼間に寝ている間も、夫が子どもを見ながら家事をしていて、これまでは夫に育児の9割くらいを任せていました。

 でも4月初旬に夫の育休が終わってしまって、これからは私と半々で分担していこうという話になっています。なので保育園で慣らし保育をしながらも、私が子どもの面倒を見る時間が増えましたね。といっても、私は夫の育休が終わって2日目にして、あまりにもつらくてゲロを吐きました。

――ゲロですか(笑)。そんなに大変だったのですね。

 赤ちゃんは生命力がめちゃめちゃ強い分、一緒にいるだけでこっちの生命力が吸われていくような感覚があります。幸福をもたらしてくれるけれど、「生気を吸ってくるかわいい妖怪」。ベビーシッターや夫の帰りを待ちながら“妖怪”を見ているだけでも、相当疲れました。仕事どころではないです。ベビーシッターが来て安心と思いきや、別室で寝ようとしても、知らない人が家にいると落ち着かなくて、寝られない。世の中のワンオペ育児をしている人たちは、想像を絶する大変さだと思います。

――実際に育児をしてみて、予想外だったことはありましたか。

 もともと「育児は大変」ということは散々聞いていたので、最悪の想像ばかりしていました。離婚してシングルマザーになって、子どもの面倒を見切れなくなって警察に相談する、といったところまでシミュレーションして(笑)。でも夫が頑張っていることもあり、実際はそれよりははるかにマシでした。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい