松山英樹が「勝てない」 原因は何なのか…勝利への鍵となるのは?

2021/04/02 17:00

PGAツアーで苦しい戦いが続く松山英樹(写真/gettyimages)
PGAツアーで苦しい戦いが続く松山英樹(写真/gettyimages)

 PGAツアーでプレーする松山英樹の調子がイマイチのようだ。

 松山は、現地時間3月28日までテキサス州のオースティンCCで開催されていたWGCシリーズのWGCデルテクノロジーズ・マッチプレーで、予選のグループリーグで敗退。最終マッチこそ世界ランク10位のパトリック・カントレ米)に4&2で勝利して意地を見せたが、ブライアン・ハーマン(米)、カルロス・オルティス(メキシコ)に敗れて、松山にとっては収穫のない大会となってしまった。

 昨年は同11月のビビント・ヒューストンで2位タイ、続くマスターズでは13位タイとしていた松山だが、年が明けてからはトップ10入りがなく、逆に2021年は序盤で既に予選落ちが2回。そして、先にあげたマッチプレーでも厳しいプレーを強いられた。

 今週の松山は、翌週のマスターズに備えてバレロ・テキサス・オープンに初出場し最終調整を図るが、果たしてどこまで復調できるのか。マッチプレー後は自身のゴルフについて「最悪」と話しており、悲願のメジャー制覇がかかる「ゴルフの祭典」でのプレーにやや不安があることは否めないだろう。

 そんな松山だが、昨年までと何が違うのだろうか。ここではデータを元にして紐解いてみたい。

 まず気になるのはパー3とパー4でのスコアだ。他の男子プロでも見られる傾向だが、松山もパー5は非常に強い。昨季はロングホールだけで1試合平均5.40アンダーしており、今季も同6.14アンダー。そして今年に限る(マッチプレーを除く)と同6.75アンダーという数字を記録している。

 ところがミドルとショートになると、この数字が寂しいものになる。まず昨季はパー4こそ同1.20アンダーと“潜っていた”が、これがパー3だと同0.55オーバー。そして今季のパー3は同1.14オーバーで、今年だけ見ると同1.75オーバーまで落ち込む。ちなみにミドルホールでは今季が同0.07アンダーで今年は0.50オーバーだ。

NEXT

数字から浮かび上がる松山の不調の原因

1 2 3

あわせて読みたい

  • 松山英樹が悔しい“メダル逸” 最終日に狂った歯車、好調のパットが安定せず

    松山英樹が悔しい“メダル逸” 最終日に狂った歯車、好調のパットが安定せず

    dot.

    8/1

    松山英樹、全米プロでみせたツアートップの「武器」と「課題」

    松山英樹、全米プロでみせたツアートップの「武器」と「課題」

    dot.

    8/2

  • 王者の背中を見たり 松山英樹が全米オープン2位の快挙

    王者の背中を見たり 松山英樹が全米オープン2位の快挙

    AERA

    7/8

    “ウッズの後継者”コリン・モリカワ ゴルフ界の「スピード出世男」の勢いが止まらない

    “ウッズの後継者”コリン・モリカワ ゴルフ界の「スピード出世男」の勢いが止まらない

    dot.

    2/17

  • 松山英樹、2017年に日本男子初のメジャー制覇を期待できる理由

    松山英樹、2017年に日本男子初のメジャー制覇を期待できる理由

    dot.

    12/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す