「ゴールはここじゃない」 治療を諦めかけていた患者を後押しした皮膚科医の言葉

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2021/02/19 07:00

 一般的に、患者は悪い状態に慣れてしまうと、そこから一歩先に進んで治療を受けようとする意思が弱くなりがちだといいます。「今の状態でいいかな」と諦めかけている患者に、京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師は、「ゴールはここじゃない」と伝えたいそうです。

あわせて読みたい

  • アトピー性皮膚炎と乾癬の関係は、B’zの関係に似ている? 皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    アトピー性皮膚炎と乾癬の関係は、B’zの関係に似ている? 皮膚科医が解説

    dot.

    11/27

    脂っこい食事も原因に…意外と知らない「乾癬」とは?

    脂っこい食事も原因に…意外と知らない「乾癬」とは?

    週刊朝日

    8/17

  • 爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説

    dot.

    10/15

    クリスマスツリーのように見える皮膚の病気の名前が難しい 皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    クリスマスツリーのように見える皮膚の病気の名前が難しい 皮膚科医が解説

    dot.

    12/25

  • 皮膚病のかゆい、かゆくないの違いは何? 最新研究でわかってきたこと
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    皮膚病のかゆい、かゆくないの違いは何? 最新研究でわかってきたこと

    dot.

    3/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す