崖っぷちの菅首相の“話し方”に変化? 今になって「国民目線」で語りかけるようになったワケ

2021/02/03 21:00


 ついに菅義偉首相が“変わり”始めたかもしれない。これまでの答弁は目線を落として官僚が作ったペーパーを読み上げるだけだったが、2日の緊急事態宣言延長の会見では、顔を上げ、感情を込めながら言葉を発するようになった。コロナ対応で後がなくなり、「鉄仮面」を脱ぎ捨てる決意をしたのか。はたまた、周囲の振り付け役に従っただけなのか。答弁姿勢を追求してきた野党議員と専門家はどうみたのか。

あわせて読みたい

  • なぜ菅首相の言葉は“響かない”のか 表情、話し方、しぐさ…過去の首相との「決定的な違い」

    なぜ菅首相の言葉は“響かない”のか 表情、話し方、しぐさ…過去の首相との「決定的な違い」

    dot.

    1/20

    山田内閣広報官の国会招致、総務省と農水省のダブル接待問題で菅政権を見切る声が自民党から続々

    山田内閣広報官の国会招致、総務省と農水省のダブル接待問題で菅政権を見切る声が自民党から続々

    週刊朝日

    2/26

  • 望月衣塑子記者が斬る菅首相の「答えない」「論点ずらし」「平気でウソ」話法 党首討論で見えた“焦り”

    望月衣塑子記者が斬る菅首相の「答えない」「論点ずらし」「平気でウソ」話法 党首討論で見えた“焦り”

    dot.

    6/11

    辻元清美議員「菅首相の答弁は『お茶漬け』」 安倍前首相のような不快感はないが…

    辻元清美議員「菅首相の答弁は『お茶漬け』」 安倍前首相のような不快感はないが…

    AERA

    11/25

  • 菅首相が後手後手に回る理由を自民党の身内が明かす 決定的に欠けている「首相の資質」とは

    菅首相が後手後手に回る理由を自民党の身内が明かす 決定的に欠けている「首相の資質」とは

    AERA

    3/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す