イスラエルは人口の約半分が外国生まれ モロッコとイスラエルの国交正常化を考える

金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”

2020/12/30 08:02

 私はイスラエル生まれのイスラエル育ちですが、私の両親は2人とも3600万人が暮らす北アフリカのモロッコ出身です。父はモロッコ南西部の港町エッサウィラのユダヤ人家庭に生まれ、1948年、14歳のときに単身でイスラエルに移民として来ました。父の家族は当初、モロッコに残っていましたが、8年後に合流します。母は砂漠の町マラケシュで生まれ、1956年、家族と共に12歳のときにイスラエルに移住しました。二人はイスラエル南部の小さな町ディモナで出会い、結婚しました。

あわせて読みたい

  • イスラエルとUAEの国交正常化を読み解く
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    イスラエルとUAEの国交正常化を読み解く

    dot.

    9/5

    日本人にはわかりづらいイスラエル紛争 現地教授が読み解くユダヤ人とアラブ人「共存」の道
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    日本人にはわかりづらいイスラエル紛争 現地教授が読み解くユダヤ人とアラブ人「共存」の道

    dot.

    5/29

  • 手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった

    dot.

    2/1

    イスラエル7・ヘブライ大教授「イスラエルにとって米国のユダヤ人は安全網」

    イスラエル7・ヘブライ大教授「イスラエルにとって米国のユダヤ人は安全網」

    AERA

    2/24

  • イスラエル流「細川政権」がスタート 史上初めてアラブ系政党が内閣に加わった
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    イスラエル流「細川政権」がスタート 史上初めてアラブ系政党が内閣に加わった

    dot.

    7/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す