クリスマスツリーのように見える皮膚の病気の名前が難しい 皮膚科医が解説 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クリスマスツリーのように見える皮膚の病気の名前が難しい 皮膚科医が解説

連載「現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”」

大塚篤司dot.#ヘルス
大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 つまりジベル薔薇色粃糠疹とは、ジベル先生が発見したバラ色でフケのようなカサカサを伴う皮膚の小さなブツブツが全身にできる病気を指します。

 このジベル薔薇色粃糠疹のどこがクリスマスに関係するかというと、ブツブツ全体の模様です。皮膚のブツブツを眺めてみるとクリスマスツリーのように見える(らしい)。このことはしっかりと教科書にも記載されています。

 私も臨床の現場で何度もジベル薔薇色粃糠疹の患者さんを見ていますが、このブツブツをクリスマスツリー状と記載した先人の医師には感服するばかりです。私の想像力ではクリスマスツリーには結びつきません。それでも、私たち皮膚科医が「クリスマスツリー状の皮疹」と表現されればジベル薔薇色粃糠疹のような皮疹の配列を思い浮かべますし、他になんと表現してよいのかわからないので的確なのでしょう。

 ジベル薔薇色粃糠疹はかゆくもないし内臓に症状が出るわけではありません。また、治療をせずに放置していても数カ月で勝手に治ってしまう場合がほとんどです。病院で診断がついたらあとは「治るまで待ちましょう」と言われておしまいの病気です。

 原因はよくわかっていないのですが、なんらかのウイルス感染がきっかけではないかと言われています。また、最近では新型コロナウイルス感染症にともなってジベル薔薇色粃糠疹が出現した報告もあります。パンデミックの時期は少し気をつけなければいけない病気の一つとなるでしょう。

 また、ジベル薔薇色粃糠疹のブツブツは梅毒で出現するブツブツにも似ていると言われています。近年、梅毒の感染者数も増加しており注意が必要です。

 さて、今回はクリスマスにちなんだ皮膚病、ジベル薔薇色粃糠疹の解説をしました。少しはクリスマスの気分をと思いましたが全然そうはいきませんでしたね(笑)。引き続き3密を避け、手洗い、うがいをしっかりとして、みなさまよいクリスマスをお過ごしください。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい