巨人・原監督の“凄さ”はどこに…元投手コーチが語る「名将たる所以」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人・原監督の“凄さ”はどこに…元投手コーチが語る「名将たる所以」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山岡則夫dot.
今季連覇を成し遂げた巨人の原辰徳監督 (c)朝日新聞社

今季連覇を成し遂げた巨人の原辰徳監督 (c)朝日新聞社

 巨人・原辰徳監督は球史に残る『名将』になりつつある。

 チーム再建と勝利を両立させる手腕は、円熟味すら感じさせる。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 1軍投手総合コーチとして、かつて原監督のもとで共に戦った川口和久が、指揮官の凄さを投手起用の面から教えてくえた。

「従来の考えに捉われず今の野球を追求している。記録を過去のものとして進み続けている」

 9月11日のヤクルト戦では、川上哲治が持つ球団記録を更新する監督通算1067勝目を挙げた。伝統ある巨人軍史上に名を刻むことになったが、それも通過点に過ぎない。今シーズンも独走でチームをリーグ連覇に導くなど、今や誰もが認める名将となった。

「11年から14年まで投手コーチとして原監督の下にいた。まず感じたのは巨人軍、そしてNPBの多くの先達たちに対し誰よりも大きな敬意を払っている。現役時代から多くの先輩たちに可愛がられ、帝王学のようなものも学んできた。しかし、それだけを実践するのではなく、自分自身のスタイルを構築する。常に“今の巨人”の野球を作り出そうとしている。既存の考えやチームを壊すことにまったく躊躇がない。なんでもありで、貪欲、頑固な監督という印象。現在進行形で『原野球』を作り上げている」

 原監督は現役時代、81年のプロ入りから12年連続で本塁打20本以上を記録。4番打者として1066試合出場は球団歴代4位と巨人を代表する選手として大きな印象を残した。

 現役引退後、ヘッドコーチなどを務め指導者の経験を積み、02年に監督に就任。2年間の第1次政権では初年度に日本一へ上り詰めた。続く06年から15年までの第2次政権では、10年間でリーグ優勝6度(うち日本一は2度)。そして3度目の就任となった昨年もリーグ制覇を成し遂げ、すぐさま結果を出した。今年も含め、これまで9度のリーグ優勝と3度の日本一という文句のない成績を残している。また09年には第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)侍ジャパンの監督を務め、日本を世界一にも導いた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい