MLBではファンと“喧嘩”…米国時代は「悪童」も日本で更生した助っ人たち (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

MLBではファンと“喧嘩”…米国時代は「悪童」も日本で更生した助っ人たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山貴宏dot.
DeNAファンに愛されたモーガン (c)朝日新聞社

DeNAファンに愛されたモーガン (c)朝日新聞社

 千葉ロッテで主にセットアッパーとして投げていたジェイ・ジャクソン投手が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されてしまった。広島時代からジャクソンスマイルと呼ばれた印象的な笑顔で人気もあった選手で、退団申し入れの直後には「残念」「短い間だったがありがとう」といった声もファンからあがっていただけに、まさかの展開に驚いた方も多かったことと思われる。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 一方でメジャーリーグ時代にはいわゆる「悪童」として知られながら、日本では意外にも“品行方正”でファンに愛された助っ人となった選手も過去にはいた。真っ先に思い浮かぶのは、やはりナイジャー・モーガンだろう。

 モーガンはもともと「氷上の格闘技」とも呼ばれるアイスホッケーのプロ選手になることを夢見ていた。野球選手としてもプレーしていたが、1998年のドラフトでは42巡でロッキーズから指名されても契約は結ばなかったほど。ただし残念ながらNHL入りはならず、20歳以降は野球に専念。2002年のドラフト33巡でパイレーツから指名されてプロ野球選手となった経緯を持つ。

 そんなモーガンが悪名を不動のものとしたのは、ナショナルズに在籍していた2010年のこと。観客からのヤジに怒ってスタンドにボールを投げ入れてファンにケガさせたり、ホームイン時に故意に捕手に激突して相手を負傷させたこともあった。

 そのほかにもメジャーでは不文律とされる大量リード時の二盗、三盗を行い、次の打席で当然のように投げられた危険球に激高して大乱闘を起こした。監督と口論になったこともあるなど、とにかく問題児ぶりは半端なかった。

 持て余したナショナルズは翌11年の開幕直前にモーガンをブルワーズへトレード。さらに次の年の12年にモーガンはメジャー移籍を果たした青木宣親とのレギュラー争いに敗れ、13年からはDeNAでプレーすることになる。

 上記のような素行面の不安はもちろん球団も承知していただろうが、モーガンにはあふれる闘争心と常に全力プレーという美点もあった。プロ野球がエンターテインメントであることを大事にし、試合では「トニー・プラッシュ」という別人格でプレーしていると公言。腕を組んで「T(もちろんトニーのT)」の字を作る十八番のポーズや、ヒーローインタビューでの「ABAYO!」の締めなどはファンに支持されていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい