【就職氷河期の恋愛】猫カフェ店員に“食い逃げ”された43歳男性 中卒から早大卒になった努力も水の泡に (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【就職氷河期の恋愛】猫カフェ店員に“食い逃げ”された43歳男性 中卒から早大卒になった努力も水の泡に

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田みくdot.
猫カフェは癒しになるはずだったが……。写真はイメージ(C)朝日新聞社

猫カフェは癒しになるはずだったが……。写真はイメージ(C)朝日新聞社

波乱万丈の人生を歩んできた長澤輝樹さん(仮名)(写真=本人提供)

波乱万丈の人生を歩んできた長澤輝樹さん(仮名)(写真=本人提供)

 バブル崩壊後の1993年~2004年ごろに高校や大学を卒業した世代は「就職氷河期」と呼ばれ、約1700万人いるとされる。新卒の就職競争であぶれた氷河期世代の多くは非正規社員となり、ニートになった若者もいる。現在は「結婚適齢期」になった彼らの婚活や恋愛事情を追っていく。

【写真】猫カフェ店員の女性に“食い逃げ”されて落ち込む長澤輝樹さん

*  *  *
「なんかもう人生に後悔はないです。あまりにも色々なことがありすぎて、これ以上はよくも悪くもならないんじゃないかと。無念というか諦めの境地です」

 こう話すのは、都内に住む長澤輝樹さん(仮名=43)。西日本エリアの工業都市で生まれ育った輝樹さんの人生は、就職氷河期だけでなく、数々の波乱に満ちていた。

 最初のトラブルは中学時代。体育の授業中に大人数でいじめられた輝樹さんは、その仕返しに主犯格の教科書を校内の焼却炉へ投げて燃やしたという。輝樹さんが犯人であることはすぐにバレて、集団リンチにあう。中学3年の冬、高校受験の直前の出来事だった。

「教師も話を聞いてくれないし、自分の中で“もういいや”って。それで好きなことをしようと、ドラクエにのめり込みました」

 受験勉強を“放棄”した結果、学区内にある名前を書けば誰でも入学できるという高校へ進学した。

 高校進学後も勉強はせず、ゲーム開発で勢いのあった地元ベンチャー企業でバイトを始めることになる。

「バイトにハマりすぎてしまい、留年。高校は退学になりました」

 しかし、輝樹さんに後悔はなかった。その会社はもっと伸びると信じていたし、骨をうずめるつもりで働くことに決めていたからだ。だが残酷にも人生をささげるつもりだった会社は、急拡大路線が裏目に出て資金繰りが悪化。2年後に倒産した。

「イケイケだった会社が急につぶれて諸行無常を感じ、ここで一度“人生終わった”と思いました」

 会社を失った輝樹さんは、一転して“中卒フリーター”に。ピザやファストフード店のバイトをこなす日々となった。実家に住んでいたこともあり生活には困っていなかったが、ある日、いきなり上京話が持ち上がった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい