中国、韓国に“遅れ”を取った日本のMMA界… 世界で躍進するアジアの総合格闘家

2020/07/09 17:00

 コロナ禍で無観客大会が続く総合格闘技の最高峰UFC。6月27日(現地時間)、ラスベガスで開催された「UFC on ESPN 12」では佐藤天(さとう・たかし)が初回TKO勝ち、またRIZINを経て米・女子団体INVICTAでストロー級王者となった村田夏南子のUFC参戦も発表になった。だが、現在UFCと契約を結ぶ日本人ファイターはこの佐藤と村田に魅津希を加えた3人のみ。かつてはアジアンMMAをリードする存在であった日本だが、現在は他国の躍進を受け後塵を拝する立場となっている。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す