【就職氷河期の結婚】機能不全家庭で育ち「内定」も取り消し 就活エリートから転落した女性が結婚をつかむまで

吉田みく

2020/07/04 16:00

 バブル崩壊後の1993年~2004年ごろに高校や大学を卒業した世代は「就職氷河期」と呼ばれ、約1700万人いるとされる。新卒の就職競争であぶれた氷河期世代の多くは非正規社員となり、ニートになった若者もいる。08年にはリーマンショックが発生し、多くの非正規社員の“派遣切り”が社会問題となった。ここから数年間で社会に出た若者は不況にあえぐ企業の影響を大きく受け、第2の「就職氷河期」ともいえる。この世代は、上とはまた違う悩みを抱えながら人生を歩んでいた。

あわせて読みたい

  • 就職氷河期、リーマン、コロナ…「本当に運が悪い」ロスジェネ世代が直面している厳しい現実

    就職氷河期、リーマン、コロナ…「本当に運が悪い」ロスジェネ世代が直面している厳しい現実

    AERA

    12/21

    アラフォー就職氷河期世代を「自己責任」と言えない“構造的不遇”とは?

    アラフォー就職氷河期世代を「自己責任」と言えない“構造的不遇”とは?

    AERA

    10/1

  • 【就職氷河期の恋愛】猫カフェ店員に“食い逃げ”された43歳男性 中卒から早大卒になった努力も水の泡に

    【就職氷河期の恋愛】猫カフェ店員に“食い逃げ”された43歳男性 中卒から早大卒になった努力も水の泡に

    dot.

    7/26

    DV被害も「結婚のため我慢」 アラフォー女性の生きづらい現実

    DV被害も「結婚のため我慢」 アラフォー女性の生きづらい現実

    AERA

    10/1

  • 【就職氷河期の恋愛】年収300万円でも3人子持ちのシングルマザーとつむぐ幸せ 2人の“営み”は漫画喫茶で

    【就職氷河期の恋愛】年収300万円でも3人子持ちのシングルマザーとつむぐ幸せ 2人の“営み”は漫画喫茶で

    dot.

    6/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す