小学生で人生を「諦めた」 究極のシンプルライフにたどり着いた男の境地

朝日新聞出版の本

2020/07/26 09:00

 明治の文化を調べて日々“遊んでいる”という作家の山下泰平さんが、数年前から注目しているのが明治時代の「簡易生活」。人づきあいや見栄・虚飾を一切やめるという究極のシンプルライフのことだ。その実態は『簡易生活のすすめ――明治にストレスフリーな最高の生き方があった!』いう一冊にもなっている。そんな山下さんが語る「諦め」について。

あわせて読みたい

  • 派遣社員が見つけたコロナ禍での自由 正社員は「しんどそう」

    派遣社員が見つけたコロナ禍での自由 正社員は「しんどそう」

    dot.

    7/12

    職場の風通しも効率も悪いなら…今すぐやめるべき3つの行動

    職場の風通しも効率も悪いなら…今すぐやめるべき3つの行動

    dot.

    7/19

  • 2月号明治娯楽物語研究家 山下泰平Yamashita Taihei現代より進んでいた!? 明治にあった究極のシンプルライフ

    2月号明治娯楽物語研究家 山下泰平Yamashita Taihei現代より進んでいた!? 明治にあった究極のシンプルライフ

    2/3

    「趣味は?」の質問に答えるためだけに… 「趣味偽装」してませんか?

    「趣味は?」の質問に答えるためだけに… 「趣味偽装」してませんか?

    AERA

    7/26

  • “平均寿命”をよーく考えてみると…“シニアの人生設計”落とし穴

    “平均寿命”をよーく考えてみると…“シニアの人生設計”落とし穴

    週刊朝日

    8/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す