オンライン会議で緊張しないために「コミュニケーションの解像度」を上げよう

ライフ

2020/06/30 09:00

【社会学者が考察 「あつ森」ブームに見る「集まれない時代の集まり方」】で、これからのコミュニティー作りのヒントを任天堂のゲームソフト「あつまれ どうぶつの森(通称:あつ森)」に見ていた、社会学者の永田夏来さん。今回は、オンラインコミュニケーションを語るうえで欠かせない、デジタルネーティブ世代(以下、デジタル世代)と、非デジタルネーティブ世代(以下、非デジタル世代)の認識差に触れつつ、オンラインコミュニケーションに対する感性を磨く方法について語ってもらいました。

あわせて読みたい

  • 通信光熱費の負担増、スラハラも!? 長引くリモートワーク「明と暗」

    通信光熱費の負担増、スラハラも!? 長引くリモートワーク「明と暗」

    AERA

    4/19

    オンライン会議はリアルの代替ではない 「挙手制」「発言1分」新ルール作りが必要

    オンライン会議はリアルの代替ではない 「挙手制」「発言1分」新ルール作りが必要

    AERA

    9/5

  • 進む新入社員オンライン研修も長期化で苦難「ボディーブローのように効く」

    進む新入社員オンライン研修も長期化で苦難「ボディーブローのように効く」

    AERA

    4/21

    「10時間ぶっ通し」学習の成果? プログラミング“ブートキャンプ”で「仕事の解像度ぐっと上がる」の声

    「10時間ぶっ通し」学習の成果? プログラミング“ブートキャンプ”で「仕事の解像度ぐっと上がる」の声

    AERA

    12/5

  • 社会学者が考察 「あつ森」ブームに見る「集まれない時代の集まり方」

    社会学者が考察 「あつ森」ブームに見る「集まれない時代の集まり方」

    dot.

    6/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す