宇野勝氏、本人が語った! 「ヘディング事件」や「掛布とのHR王争い」の真相 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宇野勝氏、本人が語った! 「ヘディング事件」や「掛布とのHR王争い」の真相

このエントリーをはてなブックマークに追加
山岡則夫dot.
引退後には中日でコーチを務めた宇野勝氏 (c)朝日新聞社

引退後には中日でコーチを務めた宇野勝氏 (c)朝日新聞社

 宇野勝を知っているか?

 80年代の中日を支えた名古屋のスーパースター。NPB屈指と言われた強打と、中日時代の同僚だった落合博満も称賛したという高い守備力が売りの遊撃手だ。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

「僕なんかは全然、スターではなかった。レギュラーとして名古屋では少しは知られていたけど、全国的にはそんなことなかった」

 本人は謙遜して語る。しかし野球ファン、そして同時代を生きてきた人たちにとっては忘れることができない選手。野球選手としてはもちろん、『珍プレー』の分野でも強烈なインパクトを残したレジェンドだ。

「宇野さーん」

 83年からフジテレビ系で始まった『プロ野球珍プレー・好プレー大賞」。ナレーターを務める、みのもんたの愉快な語り口も加わり、宇野の名前は全国に轟いた。

 本塁打王1回(84年)、ベストナイン3回。野球選手として素晴らしい実績も残しているが、世間的には珍プレーの常連として認知されている。

「みのさんは僕をうまく紹介してくれた。その後もかわいがってくれて、偶然に会ったりするといつも気軽に話しかけてくれる。今でも商品価値があるのは、みのさんのおかげだと思う」

 宇野本人は笑いながら語るが、現役引退後は『珍プレーの宇野』と言われるのがおもしろくない時期もあったと言う。

「引退してからも『ヘディングの宇野』という見られ方をした。現役時代は自分の野球に必死だし、結果を出せばそれで名前を売れる。でも引退後はそうもいかないから、現実を知ったというか。だから引退してしばらくは、珍プレー絡みでのテレビやイベントは断っていた。最近になって大人にもなったというか、あまり気にならなくなった」

『宇野ヘディング事件』が起きたのは、81年8月26日の巨人戦(後楽園球場)のこと。中日が2対0とリードして迎えた7回裏2死二塁、巨人・山本功児の内野フライを捕球しようとした遊撃手・宇野が打球を『ヘディング』、ボールは転々と外野フェンスまで到達し、失点してしまう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい