心臓病でのコロナ罹患は肺炎から心不全悪化で死亡する場合も…高齢者の“隠れ心不全”にも注意 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

心臓病でのコロナ罹患は肺炎から心不全悪化で死亡する場合も…高齢者の“隠れ心不全”にも注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐賀大学医学部 内科主任教授 野出孝一医師

佐賀大学医学部 内科主任教授 野出孝一医師

新型コロナウイルス感染者の重症化の疾患別割合 (週刊朝日2020年6月5日号より)、心疾患の手術に関して、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から回答を得た結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。同ムックの手術数ランキングの一部を無料公開中

新型コロナウイルス感染者の重症化の疾患別割合 (週刊朝日2020年6月5日号より)、心疾患の手術に関して、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から回答を得た結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。同ムックの手術数ランキングの一部を無料公開中

 基礎疾患を持つ人は、新型コロナウイルスに感染した場合、重症化しやすいとされる。なかでも心臓病を持つ人が注意すべき点、通常の治療をどうすればいいかなどを専門医に取材した。

【一覧】新型コロナウイルス感染者の重症化の疾患別割合とは?

*  *  *
 日本循環器学会常務理事・COVID−19対策特命チーム委員長の佐賀大学医学部内科主任教授・野出孝一医師は、コロナと心臓病の関係をこう説明する。

「心臓病があるからコロナに感染しやすいということはないので、過度に不安がることはありませんが、感染してしまうと重症化しやすいということはあるので注意は必要です」

 心臓病を持っている人がコロナに罹患して、肺炎を発症すると、呼吸不全はもちろん、心不全が悪化して死亡につながる場合もあるという。

「肺炎で呼吸機能が悪くなると、血液中の酸素が減り、心臓に負担がかかり、狭心症や心筋梗塞が悪くなることがあります」(野出医師)

 新型コロナウイルスの治療はもちろん、並行して合併症に対する治療も早急におこなわないと危険だ。

「早く治療を受けるには、息苦しい、胸が痛い、からだがだるい、疲れやすい、足がむくむといったことが大事なサインです。この場合は、心筋梗塞、心不全、不整脈などの可能性がありますから、すぐにかかりつけ医や近くの心臓専門医に相談してください」(同)

 高血圧だけでは、コロナ感染により重症化するという科学的根拠は認められていないが、高齢者の高血圧では糖尿病、腎臓病など他の病気を合併している場合も多く、注意が必要だ。

「ACE阻害薬や、アンジオテンシン受容体拮抗薬を飲んでいる人は、薬をやめると血圧が上がる、心不全が悪くなる、不整脈が起こる可能性があります。自分の判断で薬をやめることはやめてください。肺炎などにかかると血圧が下がることがあるため、薬をやめてしまう人がいます。他の薬との相互作用を心配する人もいますが、その場合は医師にご相談ください」(同)

 一方、全く心臓の悪くない人でも、新型コロナウイルス感染症により重篤な心臓病にいたる場合があるので注意が必要だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい